太鼓判ワイン

わけありワイン

まかないワイン

色々試せるワインセット

タイプから探す

ブドウの品種から探す

産地から探す

価格帯から探す

ワインアクセサリー

ショップマネージャー

はじめまして♪

店長の木之下嘉明です。

1年間でワインを365本飲みます。(年によってはもっと飲みます)日々、美味しいワインを探しに奮闘中です。ワインから日々、幸せと感動を貰っているので、少しでも皆様と共有できれば嬉しいです!

心をこめてお届けします!

・日本ソムリエ協会認定

 ワインエキスパート

・日本ソムリエ協会正会員

ワインをもっと楽しく

リッジ・ヴィンヤード ”イースト・ベンチ” ジンファンデル ドライクリークヴァレー[2014]

         

        

V91点!WA90点!リッジが2銘柄のみ生産している、ジンファンデル100%のワインのひとつ

ワインバロメーター
【官能的で深い】

ッジ・ヴィンヤーズはカリフォルニア州を代表する名門ワイナリーです。その名声は米国内のみならずヨーロッパにも轟いており、世界最高峰のワインを安定的に産み出す醸造所として、絶え間ない賞賛を浴び続けています。

リッジを語るうえでワイナリーを牽引してきた立役者ポール・ドレーパー氏を語らない訳にはいきません。リッジ・ヴィンヤーズのCEO兼最高醸造責任者であったポール・ドレーパー氏は、「醸造家が選ぶ醸造家賞 2013 Winemakers’ Winemaker Award」を受賞しています。審査員を務めるのは、世界最難関のワイン資格マスター・オブ・ワインの称号を保持する醸造家たちと、過去の同賞受賞者です。そのため、「醸造家が選ぶ」という言葉が賞名の中に入っている大変栄誉ある賞です。ドレーパー氏がキャリアを通じて顕揚してきたアプローチ――「伝統的なワイン造り」、「持続可能なブドウ栽培」、「土地の個性の尊重」が、審査員に極めて高く評価された結果の受賞です。
さらにドレーパー氏は英国の権威あるワイン専門誌『Decanter』が2015年に発表した「醸造家が選ぶ最も尊敬する醸造家」のトップ5に選ばれました。また、ドレーパー氏はデカンター誌より2000年に「マン・オブ・ザ・イヤー」に選ばれています

ポール・ドレーパー氏の受賞からも分かるようにリッジのワイン造りは近代的な手法を取り入れないクラシックスタイルを貫いています。リッジでは、シャルドネを含むすべてのワインをアメリカンオークの樽で熟成させています。2016年この神話的醸造家とも例えられる聖人ポール・ドレーパー氏が現役を退きましたがその哲学はドレーパー氏の下で20年以上研鑽を積んだ2人の醸造家と1人の栽培家が受け継いでいます。ドレーパー氏は引退会見で「過去10年に関して言うならば、リッジのワインは彼らが造ってきたもので、私のものではありません。」と公言しています。新醸造責任者はエリック・ボーハー氏、そしてジョン・オルニー氏、栽培責任者のデヴィッド・ゲイツ氏の3人がリッジを牽引しています。

リッジのワインを世界最高峰のワインと世界に認知させたのはやはり1976年に行われたカリフォルニアワイン赤白とボルドーの赤及びブルゴーニュの白をブラインドテイスティングしたワインテイスティング通称パリスの審判です。審査を行ったのはフランスでも最高のワイン鑑定家たちでしたが、なんと赤ワイン部門、白ワイン部門の両方のトップはカリフォルニアで、カリフォルニアワインをフランスよりも高く評価しました。
「パリスの審判」として知られるようになり、「優れたワインはヨーロッパでしか生まれない」というのが通念だった時代がここに終わりましたが、この時のリッジの順位は5位で1位のカリフォルニアを除き2位から4位まではフランスのワイン、リッジより下位評価のフランスは1本のみと世界に大きなインパクトを与えた訳ではありませんでした。
ですがこのテイスティングの結果についてのフランス側の物言いで事態は大きく変わります。フランス人の審査員たちは、「カリフォルニアワインは熟成しない。30年後に同じワインを飲めば、フランスが勝つ」と述べた事です
2006年5月24日、「パリスの審判」から30年後の再戦が開かれました。1976年のテイスティングと同じように、9人の優れた鑑定家が審査員を務め、30年前と同じ赤ワインを、30年熟成の進んだ状態で試飲するというものでした
結果は驚くべきことにリッジのワイン”モンテベロ”が2位以下を大いに引き離す2位に18点もの差をつけ優勝する結果となりました。2位と5位の点数の差が13点でしたのでリッジのワインがいかに群を抜いていたかが分かります。
さらに同時に行われたカリフォルニアの若いカベルネを飲み比べるテイスティングでもリッジのワインが1位に輝きました。


2013年ヴィンテージのモンテベロ・カベルネソーヴィニヨンがデカンター誌より初のパーフェクトスコアとなる100点を獲得いたしました。
ロバート・パーカー氏監修ワインアドヴォケイト誌では同地区最高得点となる99点を獲得し、ワインスペクテイター誌では2007年の世界のトップ100ワンにて第2位に選出、そしてリッジを「ニュー・クラシック」と呼び称賛しています。さらに2016年にデカンター誌が発表したカリフォルニア・シャルドネのトップに選んだワインがリッジの”エステート”シャルドネとその名声は留まる事を知りません。

リッジのワインはホワイトハウスの晩餐会で用いられる事はもちろん、2008年7月に行われた北海道洞爺湖サミットの晩餐会においても、リッジのワインが主役を果たすなど外交の場をも彩っています。

リッジでは、2006年ヴィンテージから、イースト・ベンチを単一区画のワインとして生産しています。リッジが2銘柄のみ生産している、ジンファンデル100%のワインのひとつです。リットン・スプリングスの自社畑に隣接する、単一区画のジンファンデルを100%使用したワインです。若木のブドウを原料としながらも、この品種の魅力と区画の個性をたっぷりと表現する優れた赤ワインです。

店長コメント

リッジ・ヴィンヤード ”イースト・ベンチ” ジンファンデル ドライクリークヴァレーの説明

あわせる料理は?

ショートリブの煮込み・ブラックベリー、ダック・ブルギニョン

どんな経歴のワイン?

【2014 Vinous 91点】
【2014 Wine Advocate 90点】
【2013 Wine Advocate 90点】
【2012 Wine Advocate 91点】
【2010 Wine Advocate 93点】
【2009 Wine Advocate 91点】
【2008 Wine Advocate 92点】
【2008 Wine Spectator 91点】

ワインデータ

ワイン名リッジ・ヴィンヤード ”イースト・ベンチ” ジンファンデル ドライクリークヴァレー
原語Ridge Vineyard East Bench Zinfandel
ヴィンテージ2014年
タイプ赤ワイン
飲み口辛口 ミディアムフルボディ
原産国、地域カリフォルニア、ソノマ、ドライクリークヴァレー
造り手リッジ・ヴィンヤード<Ridge Vineyard >
ぶどう品種ジンファンデル100%
熟成アメリカンオーク (20%新樽) にて12ヶ月熟成
アルコール14.9%
容量750ml
飲み頃温度14〜16℃

定価 5,300円のところが
↓↓↓↓↓↓(6%OFF!!)
しあわせワイン倶楽部
特別価格 4,980(税抜き)!!

2006年に行われた審査会で断トツの評価を受ける
「2006年に行われた審査会で断トツの評価を受ける」

ポール・ドレーパー氏とその後継者達
「ポール・ドレーパー氏とその後継者達」

モンテベロの畑、標高の高さが伺える
「モンテベロの畑、標高の高さが伺える」

遂に100点に到達、デカンター誌100点
「遂に100点に到達、デカンター誌100点」

ワインアドヴォケイト誌同地区最高の99点
「ワインアドヴォケイト誌同地区最高の99点」

デカンター誌が発表するUSシャルドネ第1位を獲得
「デカンター誌が発表するUSシャルドネ第1位を獲得」

※実際のヴィンテージにつきましては画像と異なる場合がございます。正確なヴィンテージにつきましては<ワインデータ>ヴィンテージ欄をご確認下さいませ。

ギフトラッピング

ワインギフト

このエントリーをはてなブックマークに追加

型番
115020388
定価
5,300円(税込5,724円)
販売価格
4,980円(税込5,378円)
在庫数
残り11本です
購入数