【ソムリエ監修】マコンワインの特徴は?産地や品種・おすすめを紹介

2018/11/09 ワインの基礎知識

マコンはフランスのブルゴーニュ地方、マコネ地区にあるワイン産地です。

土壌や気候の特徴を生かして栽培される、シャルドネを使用した白ワインが生産量の7割を占めます。

今回はそんなマコンワインの産地や品種などの特徴、おすすめの商品を7つご紹介します!

記事の監修者

佐々木 健太

J.S.A. ソムリエ・エクセレンス

ソムリエ/年間受講者数日本一を誇るカリスマワインスクール講師  21歳でソムリエ資格を取得。南フランスにある一つ星レストラン「Keisuke Matsushima」にて研鑽を積み、帰国後は南青山「L’AS」を経て、株式会社WINE TRAILを創業。ワインのサブスク「HOME WiNE」を手掛ける。YouTubeチャンネル「ソムリエ佐々木」を運営。第9回全日本最優秀ソムリエコンクールファイナリスト。https://homewine.jp/

[PR]
※販売数には限りがございますので、売り切れの際は何卒ご容赦ください。 

マコンワインの特徴

マコンワインの特徴

マコンはフランス・ブルゴーニュ地方、コート・ドールに位置するマコネ地区にある産地で、1937年にAOC認定を受けています。

軽やかでフレッシュな白ワインの産地として有名で、白ワインの生産量は7割を占めます。

ここではそんなマコンワインの特徴を解説します。

シャルドネを使用した白ワイン

マコンの主な栽培品種は国際品種のシャルドネで、「シャルドネの故郷」と呼ばれているほどです。

マコンは石灰岩の上を粘土や沖積土が覆う土壌を持ち、年間を通して日照条件に恵まれ、夏は気温が上がりやすいのが特徴。

シャルドネの栽培にとても適したテロワールです。

そんなシャルドネから造られる高品質な白ワインが、ブルゴーニュ地方全体での白ワイン生産量の約3分の1を占めており、マコンを代表するものとなっています。

白ワイン以外では赤やロゼが3割ほどで、ガメイを主体にした果実味豊かな若飲みタイプのワインが造られています。

比較的カジュアルなワイン

マコンのワインは、高級ワインが多いブルゴーニュ地方の中では比較的カジュアルなものが多いです。

理由は、2020年9月まで畑の格付けであるグラン・クリュ(特級畑)やプルミエ・クリュ(一級畑)を持たない産地であったため。

しかし、ブルゴーニュで造られていると思わせるだけの十分なクオリティはあり、リーズナブルなのに品質は高いということで、世界中で愛されているワインです。

 

11月には新酒が解禁

マコンではボージョレ・ヌーヴォーと同じように、11月に新酒が解禁されます。

マコネ地区のマコン・ヴィラージュというエリアで収穫されるシャルドネで造る白の新酒で、マコン・ヴィラージュ・ヌーヴォーと呼ばれ世界的に人気を集めています。

マコンワインの産地

マコンとは、フランス・ブルゴーニュ地方の南部にあるマコネ地区にあるワイン産地です。

マコンとマコネがわかりづらいですが、マコンはワイン産地、マコネは地区を表します。

マコネ地区は南北約50km、東西約15kmの長方形に広がる地域で、各村々でワインの生産が行われており、ブドウ畑の多くは渓谷の南向きの斜面、高度350m~400mに位置する場所にあります。

それぞれの原産地によって等級が認めれており、現在は主に4つに分けられます。

そんなマコネの等級について解説します。

マコネの等級

現在マコネ地区で生産されるマコンワインに与えられている4つの等級について、表にまとめると以下の通り。

上から順に上級品となっており、白ワイン以外のマコンワインはAOCマコンに割り当てられます。

プルミエ・クリュ(一級畑)2020年9月にマコンで初めてプイィ・フュイッセの22のクリマが認定された。

マコンワインの最高ランク。

5つの村名格アペラシオン市場で見かけることも多い上級ランク。

100%シャルドネの辛口のみという決まりがある。

マコン・ヴィラージュAOCマコンより1ランク上の白ワインのみ認められている。

現在43村が名乗ることができ、

生産量はブルゴーニュでの白ワイン生産量の約4分の3を占める。

AOCマコン一般的なマコンワイン。

これらのランクは価格にも影響し、かつてカジュアルなワインのイメージが強かったマコンワインに変化をもたらしています。

他にも、コート・ドールの地価やブルゴーニュワインの価格の高騰を受けて、トップドメーヌがマコンの地に進出してきていることもあり、今後の動きに目が離せない生産地となっています。

特に5つの村名格アペラシオンでは、その品質の高さからプルミエ・クリュへの認定が期待されているクリマが現在も多く存在します。

 

5つの村名格アペラシオンとは

上記の表における村名格アペラシオンとは、2020年9月にプルミエ・クリュの認定がなされるまで最も上級のマコンワインに与えられていたランクです。

プイィ・フュイッセプイィ・ロシェプイィ・ヴァンゼルサン・ヴェランヴィレ・クレッセという5つのアペラシオンが認定されています。

中でも特に高い評価を受けており、最も有名なのがプイィ・フュイッセで、プルミエ・クリュに認定された22のクリマを持つ地域でもあります。

その他、1999年に認定されたヴィレ・クレッセは最も新しいアペラシオンで、その優れた品質と個性からマコン・ヴィラージュからの昇格となりました。

 

マコンワインのブドウ品種

マコンワインの品種

マコンのワインで使われる品種の多くはシャルドネ、ガメイで、その他に少量のアリゴテやピノ・ノワールが栽培されています。

それぞれどのような品種なのか見ていきましょう。

白ワインの品種

シャルドネ

シャルドネ

 

ブルゴーニュ原産の品種で、土壌や気候の影響を受けやすく、ブルゴーニュの中でも産地によって味わいが異なります。

造り手の醸造技術や道具の影響も、ワインに強く反映される品種です。

マコンのシャルドネは、グレープフルーツなどの柑橘系の香りで果実味が豊かな、土壌由来のミネラル感に溢れたワインに仕上がります。

熟成に必要な酸もあり、熟成させることでまろやかさと複雑味が増した味わい深いワインになるでしょう。

 

アリゴテ

ブルゴーニュを中心に栽培されている品種です。

シャルドネよりは劣る印象があるものの、よく熟したアリゴテはしっかりした酸と果実味を持つ、バランスが取れたワインに仕上がります。

マコンで栽培されているアリゴテはわずかですが、シャルドネにブレンドされてその味わいに深みを与えています。

アリゴテについて詳しく知りたい方は、こちらも合わせてご覧ください。
>>アリゴテをもっと見る

赤ワインの品種

ガメイ

ブルゴーニュの最南端にあるボージョレ地区で多く栽培されている品種です。

日本でも11月第3木曜日解禁の新酒、ボージョレ・ヌーヴォーでおなじみですね。

マコンの赤ワインもボージョレのように渋みが少なく、フルーティーで飲みやすいという印象がありますが、マコンとボージョレでは土壌が異なり、味わいにも影響します。

ボジョレーの土壌は主に花崗岩土壌で、マコンは粘土石灰質。

この違いで、マコンのワインにはボージョレにはないコクや深みを感じることができます

ガメイについて詳しく知りたい方は、こちらを合わせてご覧ください。
>>ガメイをもっと見る

 

ピノ・ノワール

ブルゴーニュ原産の品種で、栽培が難しいため、ブルゴーニュ以外では栽培できない品種とされていました。

しかし、現在では栽培に成功している地域が増え、世界各地で栽培されています。

エレガントな香りとタンニン控えめでしっかりした酸味、繊細な味わいのワインができあがります。

マコンではガメイの生産量が多く、ピノ・ノワールの栽培は少なめですが、他のブルゴーニュワインとはひと味違うピノ・ノワールが楽しめ好評です。

マコンワインのおすすめ7選

マコンワインのおすすめ7選

ここからはおすすめのマコンワインを7本ご紹介します。

マコンワインの代表格である白ワインから赤、ロゼと幅広く紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

今回ご紹介する7本は以下の通り。

[PR]

フルボトル(750ml)の高級ワインには、

  •  ・高い
  •  ・飲み切るのが大変
  •  ・他と比較できない

という悩みがありますよね。
ホームワインは高級ワインが100mlで4本ずつ届くから、ワインの違いをわかりたい方にオススメ。本サイトの編集長ソムリエ佐々木が監修した学習コンテンツや、2023年にスタートしたソムリエによるコンシェルジュサービスも大人気。
ワインをもっと楽しむために、始めない理由がありません!▼

ホームワインを詳しく知る!

※販売数には限りがございますので、売り切れの際は何卒ご容赦ください。

商品画像ルイジャド プイィ・フュイッセアルベール・ビショー マコン・ヴィラージュパスカル・ボンノム・ヴィレ・クレッセ メゾン・ジョセフ・ドルーアン プイィ・ヴァンゼルドメーヌ リュケ サン ヴェラン キュヴェ ヴェール レ モンメゾン・ルロワ マコン・ルージュドメーヌ・ド・ラ・サラジニエール マコン・ロゼ
商品名ルイジャド プイィ・フュイッセアルベール・ビショー マコン・ヴィラージュパスカル・ボンノム・ヴィレ・クレッセメゾン・ジョセフ・ドルーアン プイィ・ヴァンゼルドメーヌ リュケ サン ヴェラン キュヴェ ヴェール レ モンメゾン・ルロワ マコン・ルージュドメーヌ・ド・ラ・サラジニエール マコン・ロゼ
詳細アルコール度数 13%
味わい 辛口
原産国名 フランス
生産者 ‎ルイ・ジャド
ランク ACプイィ・フュイッセ
果実 % シャルドネ100%
アルコール度数 13%
味わい 辛口
原産国名 フランス
生産者 アルベール・ビショー
ランク マコン・ヴィラージュ
果実 % シャルドネ100%
アルコール度数 13.5%
味わい 辛口
原産国名 フランス
生産者 ドメーヌ・パスカル・ボンノム
ランク ACヴィレ・クレッセ
果実 % シャルドネ100%
アルコール度数 13%
味わい 辛口
原産国名 フランス
生産者 メゾン・ジョセフ・ドルーアン
ランク ACプイィ・ヴァンセル
果実 % シャルドネ100%
アルコール度数 13%
味わい 辛口
原産国名 フランス
生産者 ドメーヌ・リュケ
ランク ACサン・ヴェラン
果実 % シャルドネ100%
タイプ 赤 
アルコール度数 13%
原産国名 フランス
生産者 ルロワ
果実 % ピノ・ノワール、ガメイ
タイプ ロぜ
原産国名 フランス
生産者 ドメーヌ・ド・ラ・サラジニエール 
果実 % ガメイ
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

それでは詳しくみていきます。

 

アルベール・ビショー マコン・ヴィラージュ

アルベール・ビショー マコン・ヴィラージュ

詳細情報
アルコール度数 13%
味わい 辛口
原産国名 フランス
生産者 アルベール・ビショー
ランク マコン・ヴィラージュ
果実 % シャルドネ100%

2011年にはロンドンで開催されるインターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)で、「ホワイト・ワインメーカー・オブ・ザ・イヤー」に輝いたアルベール・ビショーが手がけるシャルドネ100%の白ワインです。

フレッシュな果実味と優しい花のような香りが特徴的。

程よいミネラル感とふくよかさもあり、すっきりとした余韻が感じられるため、ちょっとした食事と一緒に楽しむのもおすすめです。

シーフードやチーズと合わせて、そのエレガントな風味を楽しんでください。

等級品種
マコン・ヴィラージュシャルドネ100%

 

香り熟れたレモン、白い花
酸味★★★★☆
ボディ★★☆☆☆
佐々木
マコンのシャルドネらしさが詰まった一品。シャルドネ種らしい柑橘類や洋梨の果実味に、心地よいミネラル感が続きます。

 

ルイジャド プイィ・フュイッセ

ルイジャド プイィ・フュイッセ

詳細情報
アルコール度数 13%
味わい 辛口
原産国名 フランス
生産者 ‎ルイ・ジャド
ランク ACプイィ・フュイッセ
果実 % シャルドネ100%

自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュ、1859年創立の銘家ルイ・ジャドのシャルドネ100%の白ワインです。

プイィ・フュイッセは険しい坂の上に広がっており、白亜質と粘土が混合した土壌の性質によって、ヘーゼルナッツや煎ったアーモンドのような香ばしさを際立たせます。

柑橘類や蜂蜜など豊富な香りをもち、芳醇さもありながら、爽やかな酸で飲みやすいのが特徴です。

甲殻類を使用した料理やクリーム煮などのまろやかな料理と合わせると、お互いを引き立て合いおすすめです。

等級品種
ACプイィ・フュイッセシャルドネ100%

 

香り洋梨、トースト
酸味★★★★☆
ボディ★★★☆☆
佐々木
人気生産者ルイ・ジャドが手がけるハイコスパな一本。上質なブルゴーニュワインらしい果実味と樽感が、見事なバランスで調和した仕上がりとなっています。

パスカル・ボンノム・ヴィレ・クレッセ

パスカル・ボンノム・ヴィレ・クレッセ

詳細情報
アルコール度数 13.5%
味わい 辛口
原産国名 フランス
生産者 ドメーヌ・パスカル・ボンノム
ランク ACヴィレ・クレッセ
果実 % シャルドネ100%

土壌の特性を生かし、 40〜60年の古木のシャルドネでブドウ本来のうま味を表現した1本です。

ヴィレ・クレッセは1999年にマコン・ヴィラージュから派生し認定された、他の村名格のACに比べ比較的新しい地域です。

作り手であるパステルは、かつて、ヴィレ・クレッセの神様的存在となっていた父からワイン造りを10年かけて学んでいたこともあり、「神の子が作るワイン」とも称されています。

レモンイエローの輝きを放ち、優しく甘い香りが控えに香った後、穏やかな酸とふくよかな果実味、さっぱりながらもコクのある味わいが広がります。

等級品種
ACヴィレ・クレッセシャルドネ100%

 

香り白桃、ミネラル
酸味★★★★☆
ボディ★★★☆☆
佐々木
ワイン通が密かに楽しんでいるACヴィレ・クレッセのワイン。分かりやすく美味しいというより、飲み手のレベルを問うような滋味深さが魅力です。

メゾン・ジョセフ・ドルーアン プイィ・ヴァンゼル

メゾン・ジョセフ・ドルーアン プイィ・ヴァンゼル

詳細情報
アルコール度数 13%
味わい 辛口
原産国名 フランス
生産者 メゾン・ジョセフ・ドルーアン
ランク ACプイィ・ヴァンセル
果実 % シャルドネ100%

135年以上家族経営にこだわり、「エレガンスとバランス」を追求し続けるワイナリー「メゾン・ジョセフ・ドルーアン」の白ワインです。

村名格アペラシオンであるプイィ・ヴァンゼルは、ローマ時代から知られた畑で、海抜250mの急斜面に位置します。

果実をゆっくりとプレスしたり、一部をオーク樽で熟成することでコクを演出したりすることでテロワールを表現しており、骨格のあるしっかりとした味わいが特徴です。

ペールイエローの柔らかな色調で、華やかかつフレッシュな活き活きとしたアロマが香り、口に含むとその香味が一気に広がります。

魚介類のカルパッチョやサーモンステーキなどの料理と相性抜群です。

等級品種
ACプイィ・ヴァンゼルシャルドネ100%

 

香り洋梨、トースト
酸味★★★★☆
ボディ★★★☆☆
佐々木
洋梨や白桃の果実味に溶け込む上品な樽香がまさにドルーアンらしさを物語っています。ワイン単体でも、食事に合わせても楽しめる用途の広い一本です。

ドメーヌ リュケ サン ヴェラン キュヴェ ヴェール レ モン

ドメーヌ リュケ サン ヴェラン キュヴェ ヴェール レ モン

詳細情報
アルコール度数 13%
味わい 辛口
原産国名 フランス
生産者 ドメーヌ・リュケ
ランク ACサン・ヴェラン
果実 % シャルドネ100%

シャルドネを中心として年間24万本ものワインを生産するマコネ地区きっての優良ドメーヌ「ドメーヌ・リュケ」の白ワインです。

使用するシャルドネは、ドメーヌの中でも最も高い位置にある畑で栽培され、土壌は石の多い粘土石灰質のため、ミネラル感のある味わいになります。

口に含むとシャルドネの力強さとエレガントな酸がふくよかに広がり、芳醇な余韻が楽しめます。

飲みごたえもあり満足感の高い1本となっています。

等級品種
ACサン・ヴェランシャルドネ100%

 

香り白い花、ミネラル
酸味★★★★★
ボディ★★☆☆☆
佐々木
シャルドネのエレガンスさにフォーカスした造りを行うドメーヌ・リュケ。樽熟成を施していないシャルドネ種ならではの魅力が存分に感じられます。

メゾン・ルロワ マコン・ルージュ

メゾン・ルロワ マコン・ルージュ

詳細情報
タイプ 赤 
アルコール度数 13%
原産国名 フランス
生産者 ルロワ
果実 % ピノ・ノワール、ガメイ

ワインラバーなら一度は憧れるメゾン・ルロワの赤ワインです。

ボディは比較的軽めながら、ブルゴーニュらしいはっきりとしたエレガンスさかつ華やかさが楽しめます。

深いルビーの色調で、赤い果実のアロマや赤バラのニュアンスが重なり、口に含むと広がるボリューミーな果実味が特徴です。

主張しすぎない酸がはっきりとした輪郭を生み出し、お手頃価格で味わえるとは思えないほどの、透明感ある上品な1本です。

等級品種
AOCマコンピノ・ノワール、ガメイ

 

香りプラム、バラ
酸味★★★★★
ボディ★★☆☆☆
渋み★★☆☆☆
佐々木
世界中から愛されるルロワのメゾンシリーズ。年々高騰するブルゴーニュワインの中、この味が4,000円台で手に入る今の内にぜひ手にとっておきましょう。

ドメーヌ・ド・ラ・サラジニエール マコン・ロゼ

ドメーヌ・ド・ラ・サラジニエール マコン・ロゼ

詳細情報
タイプ ロぜ
原産国名 フランス
生産者 ドメーヌ・ド・ラ・サラジニエール 
果実 % ガメイ

家族経営でマコン・ヴィラージュを生産する生産者の一つ「ドメーヌ・ド・ラ・サラジニエール」のロゼワインです。

サラジニエールとは、所有する畑の区画名から名付けられています。

手をかけすぎない自然を尊重したワイン造りを徹底しており、白ワインの醸造と同じように直接プレス機に収穫したブドウを入れ、2時間半ほどのプレスのみで抽出しています。

出来上がったロゼは輝きのあるサーモンピンクをしており、赤い果実やフローラルな香りや清々しい大地を思わせる香りが香ります。

優しい果実味、フレッシュな酸味、中盤から広がる香ばしさやスパイシーさが特徴的です。

等級品種
AOCマコンガメイ

 

香り熟れたレモン、白い花
酸味★★★☆☆
ボディ★★★☆☆
佐々木
飲み疲れしない柔らかな果実味と爽やかでライトな酒質が特徴的。ノンフィルターかつ酸化防止剤もごく少量にとどめた、今流行りの自然派ワインとも呼べる一品です。

質の高いマコンワインは最先端のテーブルワイン

マコンワインは最先端のテーブルワイン

いかがでしたか?

今回はマコンのワインについて、特徴や産地、おすすめの商品をご紹介しました。

シャルドネの白もガメイやピノ・ノワールの赤も、とても軽やかで飲みやすいのに加え、リーズナブルなものが多いので、日常使いにおすすめです。

シャルドネは地域によってさまざまな個性を発揮するので、同じブルゴーニュの別の地域と飲み比べてみるのも面白いでしょう。

気軽に飲めて、料理を引き立てるマコンのワイン、ぜひ一度お試しください。

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

【ソムリエ監修】イタリアワインの特徴は?品種から有名銘柄まで完全解説

長靴の形をしたワイン大国、イタリア。南北に長く、3方を海に囲まれた恵まれた環境から、「エノトリアテルス」(ワイン

【ソムリエ監修】ドイツワインはなぜ人気?産地や品種の特徴、当産地の魅力について解説!

世界的に人気の高まりを見せているドイツワイン。 日本では甘口白ワインのイメージが強いドイツワインですが、現

【ソムリエ監修】スペインワインを徹底解説!産地の特徴やおすすめの絶品銘柄をご紹介!

イタリアやフランスに並ぶ、ワイン大国であるスペイン。 ブドウの栽培面積は常に世界1~2位を争い、生産量は世

【ソムリエ監修】ブルゴーニュワインの特徴は?人気おすすめ10選も紹介

テロワールの魅力が最大限に引き出される唯一無二のブルゴーニュワイン。 その香りや味わい、しなやかな質感に魅

【ソムリエ厳選】アルゼンチンワインのおすすめ銘柄12選!産地や各ワインの特徴も解説!

アルゼンチンのワインというと、マルベックの赤ワインのイメージが強いですね。 ただ、アルゼンチンワインについて、

【ソムリエ監修】プーリア州のワインを徹底解説!産地や主要品種の特徴、選び方のコツもご紹介

プーリアは、イタリアの中でもワイン生産量が1、2を争う銘醸地です。海に囲まれ、地中海性の恵まれた気候の中で伝統的

【ソムリエ監修】南アフリカワインの特徴は?産地の特徴やおすすめ銘柄をご紹介!

南アフリカのワインはまだ日本ではあまり知られていませんが、世界からの注目度は抜群です。 ブドウ栽培に適した

【ソムリエ監修】仏・アルザスのおすすめワイン20選!産地の特徴や選び方のポイントも解説

アルザス地方は、フランスの中でも独特なスタイルのワインを造る地域です。 アルザスのワインの大半は辛口の白ワ

【ソムリエ監修】ピエモンテ州のワインを徹底解説!産地や品種の特徴、人気の有名銘柄をご紹介!

ピエモンテはトスカーナと並ぶイタリアを代表する銘醸地です。 イタリアで最も格付けワインが多く、バローロ、バ

【ソムリエ監修】モーゼルワインの人気おすすめ12選!特徴や品種も解説

モーゼルはドイツのワイン生産地の中で5番目の規模を持っており、かつもっとも古い産地であると言われています。

【ソムリエ監修】マコネのおすすめ白ワイン10選!産地の特徴や選び方のコツも解説!

ちょっとお手頃なブルゴーニュの白ワインが飲みたい方におすすめなのが、マコネの白ワインです。 ただ、どれが自

特集記事

日本酒スキンケア用品ランキング6選!併せて楽しめる日本酒もご紹介!

人気おすすめの純米酒ランキング31選!選び方や美味しい飲み方も紹介

【ソムリエ厳選】おすすめの赤ワイン16選!選び方・飲み方も解説!

リキュールとは?種類から、おすすめのリキュール一覧、飲み方まで徹底解説!

【編集部厳選】おすすめの高級焼酎25選!人気のプレミアム焼酎を厳選!

TOP