秋田の日本酒「花邑(はなむら)」のおすすめ銘柄ランキング5選!酒器や飲み方を徹底解説!

2022/02/27
日本酒

今回は、秋田県の日本酒をお酒のプロが解説していきます。

入手が困難の為、幻の日本酒と呼ばれている「花邑」の歴史や特徴についてもご紹介していきます。

おすすめの飲み方もご紹介しているので、日本酒選びの参考にしてみてください。

この記事を読むことで、秋田の日本酒「花邑」について詳しく知ることが出来ます。

それでは、花邑について詳しくみていきましょう。



記事の監修者

佐々木 健太

J.S.A. ソムリエ・エクセレンス

ソムリエ/年間受講者数日本一を誇るカリスマワインスクール講師  21歳でソムリエ資格を取得。南フランスにある一つ星レストラン「Keisuke Matsushima」にて研鑽を積み、帰国後は南青山「L’AS」を経て、株式会社WINE TRAILを創業。ワインのサブスク「HOME WiNE」を手掛ける。YouTubeチャンネル「ソムリエ佐々木」を運営。第9回全日本最優秀ソムリエコンクールファイナリスト。https://homewine.jp/

花邑(はなむら)とは

花邑(はなむら)は、秋田の酒蔵「両関酒造」が造り始めた日本酒です。

「両関酒造」は「両関」についで2つ目の看板銘柄に「花邑」造り始めました。

現在は、購入することが難しくなり入手困難な為、幻の日本酒と言われるほどの人気を誇っています。

そんな、「花邑」について特徴ごとに分けてご紹介していきます。

花邑の特徴

【特徴1 産地】

「両関酒造」は、秋田県湯沢市で、花邑(はなむら)を造っています。

この場所は古くから自然が豊かな環境で、特に湧水「力水」が有名な産地です。

それに加え、秋田県湯沢市は有名な稲作地帯でもあり高品質なお米造りが行われています。

【特徴2 醸造】

花邑(はなむら)は醸造法にもこだわって酒造りが行われています。

花邑の一番のこだわりは、ゆっくりと時間をかけて日本酒を発酵させていくことです。

ゆっくりと発酵をさせていくことで、クリーミーな日本酒を造り出しています。

酒米(陸羽田・出羽燦々・美郷錦・雄町)

花邑に使用される事の多い4つの酒米をご紹介していきます。

酒米は日本酒の味わいを決める非常に需要な存在です。

こだわりの詰まった、花邑がどんな酒米から造られているのかを解説していきます。

陸羽田・りくうでん

陸羽田は山形県産の酒米です。

仕上がりは優しい香りを感じる事が出来ます。

日本酒の味わいもフレッシュでお米の旨みをしっかりと感じることのできる仕上がりです。

出羽燦々・ではさんさん

山形県が酒米として初めて開発した品種が出羽燦々です。

味わいは、キレのあるすきっりとした仕上がりです。

香りも程よく感じる事ができ、純米酒や大吟醸酒などの幅広い日本酒に使用されています。

美郷錦・みさとにしき

美郷錦は、両親が「山田錦」と「美山錦」となっており、非常に高品質な酒米です。

味わいは引き締まる淡麗な仕上がりで、程よい酸味を感じられます。

冷涼な産地に強く、秋田県で広く栽培されています。

雄町・おまち

岡山県で栽培が始まり、酒米としては日本最古といわれているのが雄町です。

雄町は、山田錦・美山錦・五百万石と共に日本4大酒造好適米の一つに数えられています。

味わいは濃醇でコクがあり優しい仕上がりで、香りも華やかな香りを感じる事ができる酒米です。

両関酒造の歴史

両関酒造は、明治7年に創業された老舗の酒蔵です。

幻の日本酒と呼ばれる、花邑の蔵元として現在も人気の酒蔵となっております。

両関酒造の日本酒は、高い評価を受けており全国清酒品評会において上位の成績を多く残しています。

老舗の両関酒造では長年受け継がれている、醸造方法が存在します。

その方法が、東北地方の冷涼な気候を活かした「低温長期醸造法」です。

ゆっくりと日本酒を醸造させることで、コクのあるきめ細やかな日本酒に仕上げることが出来ます。

花邑(はなむら)の美味しい飲み方

酒米の種類が豊かな花邑を楽しむには、基本の飲み方を抑えておくことがおすすめです。

今回は代表的な2つの飲み方である、冷酒と熱燗についてご紹介していきます。

日本酒は幅広い温度帯でおいしく飲める点が一番の特徴ですので、気に入った飲み方を試してみてください。

【冷酒】

冷やした日本酒のことを冷酒と呼びます。

日本酒は冷やすことで、味わいがシャープな引き締まった味わいになります。

冷酒は、さらに温度によっても味わいが変化するので是非、様々な温度帯で試してみてください。

【熱燗】

温めた日本酒を熱燗と呼びます。

日本酒を温めると、個性豊かなお米の旨みと香りを感じる事が出来ます。

おすすめの温度は50度前後です。ふくよかな香りを感じることができます。

お酒のプロが選ぶ両関酒造・花邑のおすすめランキング5選

今回はお酒のプロが両関酒造・花邑のおすすめを5選ご紹介していきます。

両関酒造の特徴でもある種類豊富な酒米に注目をしてランキングを作成しています。

是非、花邑を飲む際の参考にしてみてください。

5位 花邑 特別純米酒 陸羽田 (りくうでん)

花邑 特別純米酒 陸羽田

詳細情報
ブランド:両関酒造

酒米:陸羽田

アルコール度数:16%

容量:1.8L

珍しい酒米「陸羽田」を使用した日本酒です。

陸羽田の特徴でもある、華やかな香りが感じられる一本となっています。

味わいは、酸味と甘味のバランスの取れた仕上がりです。

バランスが非常に良いので、食中酒として楽しめます。

華やかな香りを感じるために熱燗で飲むのがおすすめです。

4位 花邑 純米吟醸 出羽燦々(ではさんさん)

花邑 純米吟醸 出羽燦々

詳細情報
ブランド:両関酒造

酒米:出羽燦々

アルコール度数:16%

容量:1.8L

こちらの花邑は、酒米「出羽燦々」を使用している日本酒です。

出羽燦々は芳醇な香りが感じられ、柔らかい口当たりが特徴です。

味わいは、キレのある辛口に仕上がっています。

スッキリとした味わいを感じるために、ワイングラスで飲むのがおすすめです。

3位 花邑 純米吟醸生 美郷錦(みさとにしき)

花邑 純米吟醸生 美郷錦

詳細情報
ブランド:両関酒造

酒米:美郷錦

アルコール度数:15%

容量:1.8L

秋田県で人気の酒米「美郷錦」を使った日本酒です。

美郷錦は1987年に秋田県で誕生した日本酒です。

香りが非常にエレガントに仕上がっている一本です。

味わいも優しい甘味が感じられる仕上がりになっています。

2位 花邑 純米酒 陸羽田(りくうでん)

花邑 純米酒 陸羽田

詳細情報
ブランド:両関酒造

酒米:陸羽田

アルコール度数:15%

容量:1.8L

山形県原産の酒米「陸羽田」を使用している日本酒です。

陸羽田の純米酒は非常にフレッシュな仕上がりになっています。

味わいはフルーツのような甘味が感じられ、引き締まる酸が感じられます。

冷酒にしてワイングラスでフレッシュな味わいを楽しむのがおすすめです。

1位 花邑 純米吟醸 雄町(おまち)

花邑 純米吟醸 雄町

詳細情報
ブランド:両関酒造

酒米:雄町

アルコール度数:16%

容量:1.8L

全国的に人気の酒米「雄町」を使用した日本酒です。

花邑の純米吟醸は雄町のコクをしっかり感じられる仕上がりになっています。

日本酒のコクをしっかりと感じられるので、食中酒として飲むのがおすすめです。

また、お猪口を使い雄町の香りとコクをゆっくりと堪能することも出来ます。

[PR]


しぼりたてのオリジナルの日本酒を毎月お届け。
造り手の想いを感じながら、ご自宅で日本酒をお楽しみいただけます。
日本酒にしようを詳しく見る

日本酒を美味しく飲む為の酒器の種類とは

酒器の形や素材によって日本酒の味わいも大きく変化してきます。

酒器の形によって感じる香りも変わってくるので、是非その違いを感じてみてください。

今回は特徴ごとに酒器の種類をご紹介していきます。

【お猪口 おちょこ】

お猪口は形状が小さいので、温度変化なく日本酒を楽しむことができます。

また、容器も小さいのでゆっくりと日本酒を楽しみたい方におすすめです。

【升 ます】

升は昔から続く伝統的な日本酒の飲み方です。

升で飲む日本酒は、ほのかに木の香りを感じる事が出来ます。

現在では、お祝いの席で使われることが多くなって来ています。

【ワイングラス】

ワイングラスは口径が大きく香りを感じやすくなっています。

冷酒のフッレシュな味わいをしっかりと楽しむことができます。

料理と日本酒を一緒に楽しみたいときに、ワイングラスで飲むのがおすすめです。

まとめ

今回は、入手困難な幻の日本酒・花邑(はなむら)をご紹介しました。

両関酒蔵が造り始めた伝統ある日本酒です。

多くの酒米が使われており、陸羽田・出羽燦々・美郷錦・雄町と様々です。

酒米や飲み方、酒器にこだわる事で「花邑」日本酒の味わいや香りの変化も楽しむ事が出来ます。

是非、気に入った自分好みの飲み方や酒器で「花邑」を飲んでみてください。

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

八海山のおすすめ銘柄15選!人気の秘密やおいしい飲み方まで徹底解説

新潟の淡麗辛口を代表する日本酒として、高い知名度を誇る「八海山」。 今回の記事では王道の日本酒として全国で

初心者におすすめ日本酒銘柄20選!外さない日本酒選びのポイントもご紹介!

日本酒の銘柄といえば皆さんはまず何を思い浮かべますか? 上記画像に写っているような「獺祭」?「久保田」? 

作(ざく)はどんな日本酒?各銘柄の特徴や入手方法を日本酒ソムリエが解説

伊勢志摩サミットの乾杯酒として各国の首脳に振舞われた三重の日本酒「作(ざく)」。 今回の記事では人気の日本酒で

くどき上手とは?人気秘密やおすすめ銘柄を日本酒ソムリエが解説!

山形の銘酒として人気のある、くどき上手。 はっとするような華やかな香りと、辛口な味わいが日本酒ファンを虜に

日本酒の取り寄せおつまみおすすめ15選!ギフト向けから手軽なものまで

日本酒をより一層美味しくしてくれるおつまみ。 ネットでは取り寄せおつまみが充実している一方で、種類が多すぎ

熱燗におすすめの日本酒10選|温度による熱燗の種類や美味しい作り方もご紹介!

「熱燗、ぬる燗、飛び切り燗って何が違うの?」 「美味しい熱燗の作り方を極めたい」 「熱燗におすすめの日本酒が知り

長野おすすめ日本酒ランキング7選!選び方や人気酒蔵を徹底解説!

ワイン造りが有名な長野県。 では、「日本酒はどうなの?」と思う方もいるかもしれません。 そこで今回は

冷酒とは?飲み方から冷酒におすすめの日本酒ランキング15選を紹介

日本酒の定番の飲み方である冷酒。 日本酒の最大の魅力は、温度帯によってさまざまな味わいを楽しめることです。

フルーティーな日本酒ランキング7選!華やかな香りの正体も説明

「どの日本酒がフルーティーなのか知りたい。」 「なぜ果実のような香りがするの?」 フルーティーな日本

日本酒の歴史を徹底解説!昔ながらの製法の日本酒銘柄も紹介!

日本の国主である日本酒。日本酒の起源は約2000年前と言われており、その長い歴史の中で日本酒は様々な変化を遂げ

特集記事

日本酒スキンケア用品ランキング6選!併せて楽しめる日本酒もご紹介!

人気おすすめの純米酒ランキング31選!選び方や美味しい飲み方も紹介

【ソムリエ厳選】おすすめの赤ワイン16選!選び方・飲み方も解説!

リキュールとは?種類から、おすすめのリキュール一覧、飲み方まで徹底解説!

【編集部厳選】おすすめの高級焼酎25選!人気のプレミアム焼酎を厳選!

TOP