ロバート・モンダヴィのワインを解説!人気の理由や各シリーズのおすすめ銘柄もご紹介!

2023/07/31 アメリカ

ワイン業界における革新者、ロバート・モンダヴィ。

彼の名前は、カリフォルニアワインの歴史とともに語られることが多いですが、その理由は一体なぜなのでしょうか?

そして、彼が生み出したワインはどのような特徴を持ち、なぜこれほどまでワインビギナーからラバーまで虜にしているのでしょうか?

この記事では、ロバート・モンダヴィの概要から功績、そして彼が手がけてきたワインについて詳しく解説していきます。

記事の執筆者

田中 純平

✔︎J.S.Aワインエキスパート ✔︎WSET Level3 ✔︎J.S.A SAKE DIPLOMA

大学時代のスペイン留学中にワインの虜となった飲兵衛ライター。 卒業後はフリーランスとして独立し、スペイン語レッスンや(株)楽天グループにて翻訳業務を担当する傍ら、お酒の人気Webメディア複数サイトにて監修ライターを務める。 今はワインD2C会社「Homewine」にも携わり、お客様のワイン相談にお答えするソムリエコンシェルジュサービスを担当しています。
◾️My Web
https://www.8pejum8blog.com/
◾️西日本新聞me -YAKUSAKE-
https://www.nishinippon.co.jp/yakusake/author/writer_tanaka/
■フィラディスワインコラム
https://firadis.net/column/mushroom_wine_-pairing/

1.ロバート・モンダヴィとは?〜カリフォルニアワインの父〜

ロバート・モンダヴィ氏(1913年 – 2008年)は、ロバート・モンダヴィワイナリーの創業者であり、アメリカワイン発展のために多大な功績を残した人物。

そんな彼がアメリカ、中でもカリフォルニアワインにもたらした影響は大きく、ゆえに「カリフォルニアワインの父」と称されるほど伝説的な人物として崇められています。

父がワイナリーを運営していたこともあり、スタンフォード大学で経済とビジネス管理を学んだ後は家族のワイン事業に参加。

父を亡くした後は母と弟と共にワイナリーを引き継ぎますが、当時のモンダヴィ氏は革新的なワイン造りを推奨していたことで家族と意見がすれ違うことに。

そして、この家族間での対立を機に1966年(モンダヴィ氏:当時53歳)、現在のロバート・モンダヴィワイナリーが設立されました。

 

2.ロバート・モンダヴィの功績とこだわり

ロバート・モンダヴィ氏の功績は、彼のこだわり溢れる情熱やアイデアがあってのもの。

ここでは、彼がなぜ「カリフォルニアワインの父」としてそこまで讃えられいるのかについて紹介していきます。

このバックグラウンドを知っていると、ロバート・モンダヴィのワインがより一層味わい深くなること間違いなしです!

【その1】ヨーロッパの伝統手法をいち早く取り入れる!

Free Wine Barrel photo and picture

「フレンチオークの小樽」「ステンレスタンク」「低温発酵」といった、今でこそ当然のようにワイン造りに用いられている手法。

これをワイン伝統国から学び、いち早く自国のワイン造りに取り入れたのがモンダヴィ氏です。

こうした新たな醸造技術を機に、カリフォルニア(中でもナパ・ヴァレー)のワインの品質は著しく向上。

当時は周囲からの反対もあったようですが、こうした革新的な取り組みがあっての今のカリフォルニアワインがあることはおさえておきましょう。

https://www.shiawasewine-c.com/apps/note/62316

【その2】マーケティング力がすごい!

彼はワインの品質だけでなく、そのブランドイメージの構築にも力を入れ、ワインのラベルデザインやパッケージ、広告戦略などにも注力しました。

中でも面白い取り組みが、当時その青臭い風味でアメリカ人の多くが苦手としていたソーヴィニョン・ブランへのアプローチです。

樽熟成を施すことで青臭さを樽香でマスキングすると共に、名前も「フュメ・ブラン」と変えたことで消費者のイメージを一新。

いわゆる日本でいう、”地ビールのウケが悪いからクラフトビールで売り直す”….といったブランディング戦略がなされたのでした!

https://www.shiawasewine-c.com/apps/note/57425#i-3

【その3】カリフォルニアワイン産業の発展に尽力!

モンダヴィ氏はワイン醸造面のみならず、ワインの教育や文化といったワイン産業そのものの発展にも大きく貢献してきました。

これにより、ワインはアッパークラスのためのものから、一般の人々が日常的に楽しむことができるものへと変わったのです。

ワイナリーでの取り組み

*ワイナリーツアー(当時では珍しい)
*ジャズやクラシックのコンサート
*美術品の展示会
*一流シェフを招いての料理教室

さらに彼は、ワイン産業の発展のために研究と教育の支援にも力を入れます。

2008年にはカリフォルニア大学デイビス校に贈った2,500万ドルの寄付金を元に、「ブドウ栽培」「ワイン醸造学」「食品科学」「技術部門」が設立。

「ワイン造りは芸術であり、文化である」と語るモンダヴィ氏の思いがみて取れますね。

https://www.shiawasewine-c.com/apps/note/6654

3.ワインの選び方

Free Alcohol Drink photo and picture

数あるロバート・モンダヴィのワインですが、選び方のポイントはたった一つ。

それは、各コンセプトに基づいて造られた「シリーズ」です。

それぞれ、「デイリー」「ちょっと贅沢」「最高級品」という3つのカテゴリーに分けられています。

各シリーズの代表銘柄は後ほどご紹介していますのでお楽しみに。

【デイリー】ウッドブリッジシリーズ

商品画像ウッドブリッジ  シャルドネウッドブリッジ  ピノ・ノワールウッドブリッジ  メルローウッドブリッジ カベルネ・ソーヴィニョン
商品名ウッドブリッジ シャルドネウッドブリッジ ピノ・ノワールウッドブリッジ メルローウッドブリッジ カベルネ・ソーヴィニョン
詳細産地:アメリカ、カリフォルニア
品種;シャルドネ
ボディ:ミディアム
産地:アメリカ、カリフォルニア
品種;カベルネ・ソーヴィニョン
ボディ:ミディアム−
産地:アメリカ、カリフォルニア
品種;メルロー
ボディ:ミディアム
産地:アメリカ、カリフォルニア
品種;カベルネ・ソーヴィニョン
ボディ:ミディアム
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

日照量に富むカリフォルニア州のローダイにて造られる、日常使いにぴったりの飲み心地いいワインが「ウッドブリッジ」。

ブドウは熟度の高いローダイのものと、沿岸地域の冷涼な海風の恩恵を受けたフレッシュなものを使用。

ゆえに当シリーズのワインはどれも、ワイン飲みたての方にも親しみやすい果実味と程よいタンニンと酸を呈した仕上がりになっています。

【ちょっと贅沢】プライベートセレクションシリーズ

商品画像プライベートセレクション バーボン バレルエイジド カベルネ・ソーヴィニヨンプライベート・セレクション ラム・バレルエイジド メルロープライベート・セレクション ピノ・グリージョプライベート・セレクション ソーヴィニョン・ブランプライベート・セレクション シャルドネプライベート・セレクション メルロープライベート・セレクション ピノ・ノワールプライベート・セレクション カベルネ・ソーヴィニョン
商品名プライベートセレクション バーボン バレルエイジド カベルネ・ソーヴィニヨンプライベート・セレクション ラム・バレルエイジド メルロープライベート・セレクション ピノ・グリージョプライベート・セレクション ソーヴィニョン・ブランプライベート・セレクション シャルドネプライベート・セレクション メルロープライベート・セレクション ピノ・ノワールプライベート・セレクション カベルネ・ソーヴィニョン
詳細産地:アメリカ、カリフォルニア
品種;カベルネ・ソーヴィニョン
ボディ:フルボディ
産地:アメリカ、カリフォルニア
品種;メルロー
ボディ:フルボディ
産地:アメリカ、カリフォルニア
品種;ピノ・グリージョ
ボディ:ライト
産地:アメリカ、カリフォルニア
品種;ソーヴィニョン・ブラン
ボディ:ミディアム−
産地:アメリカ、カリフォルニア
品種;シャルドネ
ボディ:ミディアム
産地:アメリカ、カリフォルニア
品種;メルロー
ボディ:ミディアム+
産地:アメリカ、カリフォルニア
品種;ピノ・ノワール
ボディ:ミディアム
産地:アメリカ、カリフォルニア
品種;カベルネ・ソーヴィニョン
ボディ:ミディアム+
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

「大切な人とのプライベートの時間を豊かに過ごしてほしい」をコンセプトに造られた、ちょっと贅沢な「プライベートセレクション」。

セントラル・コーストと呼ばれる沿岸地域のブドウを中心に使用することで、「ウッドブリッジ」シリーズよりも、味わいにより上品さと高級感が醸されています。

また、ラベルにはワイナリーのシンボルとなるタワーと、沿岸からの冷たい朝霧をイメージしたデザインが刻まれているのも特徴です。

【最高級品】ワイナリーシリーズ

商品画像ト・カロン・ヴィンヤード フュメ・ブラン リザーブト・カロン・ヴィンヤードカベルネ・ソーヴィニヨン リザーブオークヴィル フュメ・ブランオークヴィル カベルネ・ソーヴィニヨン
商品名ト・カロン・ヴィンヤード フュメ・ブラン リザーブト・カロン・ヴィンヤードカベルネ・ソーヴィニヨン リザーブオークヴィル フュメ・ブランオークヴィル カベルネ・ソーヴィニヨン
詳細産地:アメリカ、カリフォルニア、ナパヴァレー、オークヴィルAVA、ト・カロン・ヴィンヤード
品種;フュメ・ブラン
ボディ:フルボディ
産地:アメリカ、カリフォルニア、ナパヴァレー、オークヴィルAVA、ト・カロン・ヴィンヤード
品種;カベルネ・ソーヴィニョン
ボディ:フルボディ
産地:アメリカ、カリフォルニア、ナパヴァレー、オークヴィルAVA
品種;フュメ・ブラン
ボディ:ミディアム+
産地:アメリカ、カリフォルニア、ナパヴァレー、オークヴィルAVA
品種;カベルネ・ソーヴィニョン
ボディ:フルボディ
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

ロバートモンダヴィの最高級シリーズとして、世の愛好家を虜にしてやまない「ワイナリーシリーズ」。

当シリーズの魅力といえばなんといっても、オークヴィルAVAというナパ・ヴァレー屈指のカベルネ・ソーヴィニョンの銘醸地で生まれる銘柄の数々。

中でも、ナパ・ヴァレーの理想郷と評される「ト・カロン」の区画から生まれるワインは、昔から今も変わらずワイン愛好家垂涎の一品として知られています。

https://www.shiawasewine-c.com/apps/note/57058

4.ロバートモンダヴィの銘柄ラインナップ

それでは、ロバートモンダヴィのワインをご紹介していきます。

今回は各シリーズごとの代表銘柄に絞ってご紹介していますので、その他のラインナップが気になる方はこちらのキリンのHPからぜひご覧ください。

キリンHP:https://www.kirin.co.jp/alcohol/wine/rmw/wines/index.html

ウッドブリッジシリーズ

商品画像ウッドブリッジ  シャルドネウッドブリッジ  ピノ・ノワールウッドブリッジ  メルローウッドブリッジ カベルネ・ソーヴィニョン
商品名ウッドブリッジ シャルドネウッドブリッジ ピノ・ノワールウッドブリッジ メルローウッドブリッジ カベルネ・ソーヴィニョン
詳細産地:アメリカ、カリフォルニア
品種;シャルドネ
ボディ:ミディアム
産地:アメリカ、カリフォルニア
品種;カベルネ・ソーヴィニョン
ボディ:ミディアム−
産地:アメリカ、カリフォルニア
品種;メルロー
ボディ:ミディアム
産地:アメリカ、カリフォルニア
品種;カベルネ・ソーヴィニョン
ボディ:ミディアム
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

ウッドブリッジ カベルネ・ソーヴィニョン

ウッドブリッジ カベルネ・ソーヴィニョン

詳細情報
産地:アメリカ、カリフォルニア
品種;カベルネ・ソーヴィニョン
ボディ:ミディアム

カリフォルニアのカベルネ・ソーヴィニョン入門編とも言える味わい

熟れたカシス、ブラックチェリーのジャミーな果実味となめらかなタンニンが特徴で、デイリーワインにピッタリな飲み飽きしない仕上がりです。

シリーズ品種ボディ
ウッドブリッジカベルネ・ソーヴィニョンミディアムボディ

 

ウッドブリッジ メルロー

ウッドブリッジ メルロー

詳細情報
産地:アメリカ、カリフォルニア
品種;メルロー
ボディ:ミディアム

果実味たっぷりのソフトな味わいがたまらない一本。

メルローらしいふくよかさにオーク由来の甘やかな樽香が綺麗に溶け込み、先ほどのカベルネ同様に飲み続けても飽きのこない仕上がりが特徴です。

シリーズ品種ボディ
ウッドブリッジメルローミディアムボディ

ウッドブリッジ ピノ・ノワール

ウッドブリッジ ピノ・ノワール

詳細情報
産地:アメリカ、カリフォルニア
品種;カベルネ・ソーヴィニョン
ボディ:ミディアム−

フルーティーな赤系果実を味わいたい方におすすめ。

本場ブルゴーニュのような洗練さや上品さとは真反対のスタイルで、熟れたレッドベリー、レッドプラムの果実味たっぷりの仕上がり。

とはいえ、こういった従来のカリフォルニアらしいふくよかなピノ・ノワールもたまに飲みたくなりますよね。

シリーズ品種ボディ
ウッドブリッジピノ・ノワールライトボディ

ウッドブリッジ シャルドネ

ウッドブリッジ シャルドネ

詳細情報
産地:アメリカ、カリフォルニア
品種;シャルドネ
ボディ:ミディアム

トロピカルフルーツ好きにはたまらないシャルドネワインはこれ一択

マンゴーやバナナ、アプリコットのボリューム感と甘やかさを伴った果実味がアタックから力強く香る一本。

少しコッテリしすぎてるなと感じた場合は、やや温度を低くして飲むとより上品な印象となって飲みやすくなります。

シリーズ品種ボディ
ウッドブリッジシャルドネミディアムボディ

プライベート・セレクションシリーズ

商品画像プライベートセレクション バーボン バレルエイジド カベルネ・ソーヴィニヨンプライベート・セレクション ラム・バレルエイジド メルロープライベート・セレクション ピノ・グリージョプライベート・セレクション ソーヴィニョン・ブランプライベート・セレクション シャルドネプライベート・セレクション メルロープライベート・セレクション ピノ・ノワールプライベート・セレクション カベルネ・ソーヴィニョン
商品名プライベートセレクション バーボン バレルエイジド カベルネ・ソーヴィニヨンプライベート・セレクション ラム・バレルエイジド メルロープライベート・セレクション ピノ・グリージョプライベート・セレクション ソーヴィニョン・ブランプライベート・セレクション シャルドネプライベート・セレクション メルロープライベート・セレクション ピノ・ノワールプライベート・セレクション カベルネ・ソーヴィニョン
詳細産地:アメリカ、カリフォルニア
品種;カベルネ・ソーヴィニョン
ボディ:フルボディ
産地:アメリカ、カリフォルニア
品種;メルロー
ボディ:フルボディ
産地:アメリカ、カリフォルニア
品種;ピノ・グリージョ
ボディ:ライト
産地:アメリカ、カリフォルニア
品種;ソーヴィニョン・ブラン
ボディ:ミディアム−
産地:アメリカ、カリフォルニア
品種;シャルドネ
ボディ:ミディアム
産地:アメリカ、カリフォルニア
品種;メルロー
ボディ:ミディアム+
産地:アメリカ、カリフォルニア
品種;ピノ・ノワール
ボディ:ミディアム
産地:アメリカ、カリフォルニア
品種;カベルネ・ソーヴィニョン
ボディ:ミディアム+
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

プライベート・セレクション カベルネ・ソーヴィニョン

プライベート・セレクション カベルネ・ソーヴィニョン

詳細情報
産地:アメリカ、カリフォルニア
品種;カベルネ・ソーヴィニョン
ボディ:ミディアム+

ボルドー顔負けのバリュー・カベルネワイン。

凝縮感ある果実味に上品さが加わり、アフターにかけて果実味と交わるトーストやヴァニラ香も絶品。

ウッドブリッジシリーズと比べて、ワイン全ての要素がワンランク上であることを改めて実感してしまいます。

シリーズ品種ボディ
ウッドブリッジカベルネ・ソーヴィニョンミディアム+ボディ

プライベート・セレクション ピノ・ノワール

プライベート・セレクション ピノ・ノワール

詳細情報
産地:アメリカ、カリフォルニア
品種;ピノ・ノワール
ボディ:ミディアム

完熟味に上品さが加わった、これぞカリフォルニアのピノ。

アタックから大胆に、ヴァニラやクローブの甘やかさとベリーの果実味が口中を豊かに広がります。

また、親しみやすい渋みと酸を備えているため、ワイン初心者の方でも気に入ってくれる一本ではないでしょうか。

シリーズ品種ボディ
プライベート・セレクションピノ・ノワールミディアムボディ

プライベート・セレクション メルロー

プライベート・セレクション メルロー

詳細情報
産地:アメリカ、カリフォルニア
品種;メルロー
ボディ:ミディアム+

ボディのふくよかさとモカやカカオっぽさがたまらない一本

メルローの柔らかな果実味に円熟したタンニンの甘みが溶け込む、飲み応え抜群な仕上がり。

分かりやすくパワフルな味わいの赤を飲みたいという方におすすめです。

シリーズ品種ボディ
プライベート・セレクションメルローミディアム+ボディ

プライベート・セレクション シャルドネ

プライベート・セレクション シャルドネ

詳細情報
産地:アメリカ、カリフォルニア
品種;シャルドネ
ボディ:ミディアム

パイナップル&ヴァニラの甘やかな風味

ウッドブリッジ同様、完熟した南国フルーツのアロマを持っていますが、大きな違いはヴァニラ香の絡み方と酸の質。

しっかりしたボディがありつつも、飲んだ後の余韻にはさほど重たさを感じないという高級感ある仕上がりとなっています。

シリーズ品種ボディ
プライベート・セレクションシャルドネミディアムボディ

プライベート・セレクション ソーヴィニョン・ブラン

プライベート・セレクション ソーヴィニョン・ブラン

詳細情報
産地:アメリカ、カリフォルニア
品種;ソーヴィニョン・ブラン
ボディ:ミディアム−

旧世界のソーヴィニョン・ブランとはまた違う良さ。

熟れた洋梨や柑橘類に加え、メロンやメロンの皮を思わせる特徴的な青さのあるアロマを呈しています。

溌剌とした酸もしっかり残っているため、マリネや魚介料理と相性抜群です。

シリーズ品種ボディ
プライベート・セレクションソーヴィニョン・ブランミディアム−ボディ

プライベート・セレクション ピノ・グリージョ

プライベート・セレクション ピノ・グリージョ

詳細情報
産地:アメリカ、カリフォルニア
品種;ピノ・グリージョ
ボディ:ライト

完熟感ある果実味がありつつ、終始軽快な一本。

ピノ・グリージョらしい洋梨やトロピカルフルーツの風味が豊かに広がり、余韻にはピノ・グリージョらしい蜜っぽさや心地よいオイリーな印象が残ります。

シリーズ品種ボディ
プライベート・セレクションピノ・グリージョライトボディ

プライベート・セレクション ラム・バレルエイジド メルロー

プライベート・セレクション ラム・バレルエイジド メルロー

詳細情報
産地:アメリカ、カリフォルニア
品種;メルロー
ボディ:フルボディ

自由の国アメリカ” だからこそ思いついた独創的なバレルシリーズ

ワイン樽で熟成したのちに、アメリカンオークのラム樽にて3ヶ月の熟成を施した一本。

ステーキと一緒に頬張りたいほどのパワフルな果実味とキャラメルやヴァニラ、シナモンの甘い風味を呈しています。

シリーズ品種ボディ
プライベート・セレクションメルローフルボディ

プライベートセレクション バーボン バレルエイジド カベルネ・ソーヴィニヨン

プライベートセレクション バーボン バレルエイジド カベルネ・ソーヴィニヨン

詳細情報
産地:アメリカ、カリフォルニア
品種;カベルネ・ソーヴィニョン
ボディ:フルボディ

自由の国アメリカ” だからこそ思いついた独創的なバレルシリーズ

カカオやシナモン、ヴァニラの香味に加え、かすかなスモーキーさも感じられる濃醇な仕上がり。

ラム バレルエイジ同様に、エレガンスさを重視する人には酷評ですが、パワフルさを求める人たちには好評の一本です。

シリーズ品種ボディ
プライベート・セレクションカベルネ・ソーヴィニョンフルボディ

ワイナリーシリーズ

商品画像ト・カロン・ヴィンヤード フュメ・ブラン リザーブト・カロン・ヴィンヤードカベルネ・ソーヴィニヨン リザーブオークヴィル フュメ・ブランオークヴィル カベルネ・ソーヴィニヨン
商品名ト・カロン・ヴィンヤード フュメ・ブラン リザーブト・カロン・ヴィンヤードカベルネ・ソーヴィニヨン リザーブオークヴィル フュメ・ブランオークヴィル カベルネ・ソーヴィニヨン
詳細産地:アメリカ、カリフォルニア、ナパヴァレー、オークヴィルAVA、ト・カロン・ヴィンヤード
品種;フュメ・ブラン
ボディ:フルボディ
産地:アメリカ、カリフォルニア、ナパヴァレー、オークヴィルAVA、ト・カロン・ヴィンヤード
品種;カベルネ・ソーヴィニョン
ボディ:フルボディ
産地:アメリカ、カリフォルニア、ナパヴァレー、オークヴィルAVA
品種;フュメ・ブラン
ボディ:ミディアム+
産地:アメリカ、カリフォルニア、ナパヴァレー、オークヴィルAVA
品種;カベルネ・ソーヴィニョン
ボディ:フルボディ
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

オークヴィル カベルネ・ソーヴィニヨン

オークヴィル カベルネ・ソーヴィニヨン

詳細情報
産地:アメリカ、カリフォルニア、ナパヴァレー、オークヴィルAVA
品種;カベルネ・ソーヴィニョン
ボディ:フルボディ

カベルネ・ソーヴィニョンの銘醸地、オークヴィルの魅力溢れる一品。

カシスやブラックベリー、杉のアロマと樽香が見事に調和しており、上品かつ長い余韻へと続きます。

ナパ・ヴァレーの力強さに、旧世界のクラシカルな雰囲気が備わった味わい深さがたまりません。

シリーズ品種ボディ
ワイナリーカベルネ・ソーヴィニョンフルボディ

オークヴィル フュメ・ブラン

オークヴィル フュメ・ブラン

詳細情報
産地:アメリカ、カリフォルニア、ナパヴァレー、オークヴィルAVA
品種;フュメ・ブラン
ボディ:ミディアム+

フュメ・ブランを語るならまずはこれを飲んでから。

北米の中でもトップクラスの古木である樹齢約70年を有する、かの有名な「ト・カロン」のブドウも一部使われている贅沢な一品。

そのクオリティはプライベートセレクションとは比較する余地もなく、味わい全体のコクと余韻の酸やミネラル感は見事な仕上がりです。

シリーズ品種ボディ
ワイナリーフュメ・ブランミディアム+ボディ

ト・カロン・ヴィンヤードカベルネ・ソーヴィニヨン リザーブ

ト・カロン・ヴィンヤードカベルネ・ソーヴィニヨン リザーブ

詳細情報
産地:アメリカ、カリフォルニア、ナパヴァレー、オークヴィルAVA、ト・カロン・ヴィンヤード
品種;カベルネ・ソーヴィニョン
ボディ:フルボディ

ボルドー顔負けの優美さを備えたトップキュヴェ。

世界最高峰のカベルネ・ソーヴィニョンの銘醸地である「ト・カロン(ギリシャ語で”最高の美しさ”)」のブドウを使用。

熟成するにつれて、”最高の美しさ”という言葉にふさわしい妖艶で官能的なアロマを呈していく至高の逸品です。

シリーズ品種ボディ
ワイナリーカベルネ・ソーヴィニョンフルボディ

ト・カロン・ヴィンヤード フュメ・ブラン リザーブ

ト・カロン・ヴィンヤード フュメ・ブラン リザーブ

詳細情報
産地:アメリカ、カリフォルニア、ナパヴァレー、オークヴィルAVA、ト・カロン・ヴィンヤード
品種;フュメ・ブラン
ボディ:フルボディ

現地でも大変入手困難な、フュメ・ブランシリーズのトップキュヴェ。

若いうちは引き締まった酸とミネラルにより硬い印象を受けますが、時間と共に醸されるマンダリンや白桃、アカシアの蜜といった要素が浮かび上がります。

深み、複雑み、余韻、熟成ポテンシャルのどれをとっても秀逸。

まさに原点にして頂点のフュメ・ブランです。

シリーズ品種ボディ
ワイナリーフュメ・ブランフルボディ

5.ロバートモンダヴィがコラボした各国のプレミアムワイン

商品画像セーニャルーチェオーパス・ワン
商品名セーニャルーチェオーパス・ワン
詳細産地:チリ、アコンカグア・ヴァレー
品種;カベルネ・ソーヴィニヨン、マルベック、カルネメール、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルド


ボディ:ミディアム+
産地:イタリア、トスカーナ州
品種;サンジョベーゼ、メルロー
ボディ:フルボディ
産地:アメリカ、カリフォルニア、ナパヴァレー、オークヴィルAVA
品種;カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン、メルロ、プティ・ヴェルド、マルベック
ボディ:フルボディ
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る

オーパス・ワン

オーパス・ワン

詳細情報
産地:アメリカ、カリフォルニア、ナパヴァレー、オークヴィルAVA
品種;カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン、メルロ、プティ・ヴェルド、マルベック
ボディ:フルボディ

カリフォルニアワインの頂点に君臨し続ける王の貫禄。

5大シャトーの一角、シャトー・ムートン・ロートシルトとの共同プロジェクトとして、1979年にスタートしたオーパス・ワンワイナリー。

ボルドーとナパ・ヴァレーという旧世界と新世界を代表する巨匠同士のタッグから生まれた、まさにサラブレッドな逸品です。

2023年執筆時点ではついに、8万円超えの値をつけたことで色々と評価も分かれてきてはいますが、やはり味わいは別格。

早いうちからも比較的楽しめますが、やはり熟成によって醸されてくる枯れた薔薇や腐葉土、トリュフのブーケまで待ちたい所です。

シリーズ品種ボディ
コラボカベルネ・ソーヴィニョン主体フルボディ

ルーチェ

ルーチェ

詳細情報
産地:イタリア、トスカーナ州
品種;サンジョベーゼ、メルロー
ボディ:フルボディ

「光」の名を冠したイタリアが世界に誇るプレミアムワイン。

イタリアの名生産者フレスコバルディ家との共同プロジェクトとして1995年に誕生。

ルーチェが他と違う点は、サンジョベーゼという地元の土着品種を用い、国際品種であるメルローと見事なバランスで仕上げたこと。

ボルドーらしさもありつつ、イタリアらしい余韻のイチジクやドライトマト感も備えた偉大な一本です。

シリーズ品種ボディ
コラボサンジョベーゼ、メルローフルボディ

セーニャ

セーニャ

詳細情報
産地:チリ、アコンカグア・ヴァレー
品種;カベルネ・ソーヴィニヨン、マルベック、カルネメール、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルド


ボディ:ミディアム+

チリワイン=デイリーワインの概念を覆したプレミアムワイン。

チリの名門エラスリスとの共同プロジェクトとして、1995年に初ヴィンテージをリリース。

チリ固有の品種であるカルメネールをブレンドするなど、ボルドースタイルの中にチリの個性も取り入れています。

深いルビー色の中に隠れた幾層にも重なる複雑かつ優美なアロマをぜひご堪能ください。

シリーズ品種ボディ
コラボカベルネ・ソーヴィニョン主体フルボディ

まとめ

ロバート・モンダヴィはカリフォルニアワインの歴史を変えた一人であり、その功績はその後のカリフォルニアワインの発展を見れば一目瞭然。

カリフォルニアのテロワールと旧世界の伝統製法から生まれる彼のワインは、それはそれは当時のアメリカにとっては革新的なものだったことでしょう。

そして、ワイン造りのみに止まらない彼のワイン産業への献身的な取り組みも忘れてはいけませんでしたね。

当記事をきっかけに、”カリフォルニアワインの父”であるロバート・モンダヴィについて少しでも理解が深まったことで、彼のワインがより一層味わい深くなるはず。

スーパーなどですぐに手に入る「ウッドブリッジ」のデイリーシリーズからまずは初め、徐々に他のシリーズも試してみてはいかがでしょうか。

ワイン教養シリーズ

https://www.shiawasewine-c.com/apps/note/61582
https://www.shiawasewine-c.com/apps/note/58519
https://www.shiawasewine-c.com/apps/note/56020
この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

カルトワイン「ハーランエステート」とは?ワインの概要や特徴、人気の理由を徹底解説!

ワイン愛好家やコレクターの間で絶大な評価を受け、世界のトップワインの一つとして称えられるハーランエステート。

【ワイン教養】カルトワインとは?カリフォルニアのカルト銘柄を厳選してご紹介!

数あるワイン銘柄の中でも、とりわけワイン愛好家垂涎の銘柄ばかりが揃う「カルトワイン」。

カレラ(Calera)のワインを解説!人気の理由やラインナップごとの味わい・値段をご紹介

"カリフォルニアのロマネ・コンティ" "ピノ・ノワールのスペシャリスト" この言葉を耳にして世界中の

【ワイン教養】ソノマワインの特徴は?産地概要、代表生産者・銘柄、おすすめ購入方法まで解説!

「ナパと比べて冷涼な産地」「ピノ・ノワールやシャルドネが美味しい所だ」 そうワインラバーが口を揃えて答え

【ワイン教養】ナパワインとは?産地の特徴や価格別おすすめ20銘柄をご紹介!

ナパワインと聞いて皆さんはまず、どのようなイメージを思い浮かべますでしょうか? 「カリ

サンタ・クルーズ・マウンテンのワインとは/産地概要にワインの特徴、おすすめ銘柄をご紹介!

カリフォルニアの隠れた銘醸地、サンタ・クルーズ・マウンテン。 当産地の特徴や代表的な造り手、おすすめの銘

シルバー・オーク/トゥーミーのワインとは?味わいの特徴、銘柄詳細、ペアリングを徹底解説!

シルバー・オークは、全米を中心に熱い支持を受けるトップワイナリー。 従来はカベルネ・ソーヴィニョンの

【ワイン教養】カベルネ・ソーヴィニヨンを解説!品種特徴や豆知識、おすすめ銘柄などご紹介!

ワインを語る上で欠かせない品種の一つがカベルネ・ソーヴィニョン。 普段何気なく手に取っていた方も、その特徴

ワイン銘醸地「シャンボール・ミュジニー」/魅力や味わいの特徴、おすすめ10銘柄をご紹介!

「ブルゴーニュで最も女性的なワイン」の名の下、数多のワイン愛好家を虜にしてやまない銘醸地が、シャンボール・ミュ

【ソムリエ監修】ダークホースはどんなワイン?全5種類の特徴をご紹介!

引用:公式HP 2017年にサントリーから販売されたダークホースは、その凝縮感とコクが高い人気を呼んでいるアメリカ

特集記事

日本酒スキンケア用品ランキング6選!併せて楽しめる日本酒もご紹介!

人気おすすめの純米酒ランキング31選!選び方や美味しい飲み方も紹介

【ソムリエ厳選】おすすめの赤ワイン16選!選び方・飲み方も解説!

リキュールとは?種類から、おすすめのリキュール一覧、飲み方まで徹底解説!

【編集部厳選】おすすめの高級焼酎25選!人気のプレミアム焼酎を厳選!

TOP