ルーデュモンのおすすめ銘柄12選!日本人醸造家 仲田氏が造るブルゴーニュワインとは

2023/09/30 フランス

フランス・ブルゴーニュ地方にて、日本人醸造家が輝かしい実績を収めています。この地域は世界的なワイン生産地として名高く、そこで誕生するワインの魅力に多くのワインラバーが魅了されています。

ただ、ブルゴーニュ地方は産地も生産者も多くわかりにくいというのも事実です。今回、ブルゴーニュ地方で活躍する日本人醸造家 仲田晃司氏が造る「ルーデュモン」にスポットを当て、その歴史と特徴、そしておすすめの銘柄について詳しく解説していきます。

おすすめのペアリングや美味しく飲める温度も解説しているので是非参考にしてみてください。

記事の監修者

佐々木 健太

J.S.A. ソムリエ・エクセレンス

ソムリエ/年間受講者数日本一を誇るカリスマワインスクール講師  21歳でソムリエ資格を取得。南フランスにある一つ星レストラン「Keisuke Matsushima」にて研鑽を積み、帰国後は南青山「L’AS」を経て、株式会社WINE TRAILを創業。ワインのサブスク「HOME WiNE」を手掛ける。YouTubeチャンネル「ソムリエ佐々木」を運営。第9回全日本最優秀ソムリエコンクールファイナリスト。https://homewine.jp/

【この記事で学べること】

・ルーデュモンの特徴と歴史

・ルーデュモンのおすすめ銘柄

・ルーデュモンのペアリング

1.ルーデュモン

ルーデュモンは仲田晃司さんが、大学生時代にアルバイト先のフレンチレストランでワインに出会い、「いつか自分の手でワインを造ってみたい」という夢を抱いたことが始まりです。

仲田さんは1995年に、頼る人もなく単身でフランスに渡りました。フランス語の勉強をしながら、各地の醸造家の門を叩いて修行を積み、2000年7月7日にブルゴーニュの地にルー・デュモンというワイナリーを設立しました。

1-1 ブルゴーニュ地方とは

フランスのブルゴーニュ地方は世界的に有名な高級ワイン産地で、北端のシャブリ地区から黄金の丘と称されるコート・ドール、そして南のボージョレー地区にかけて広がります。ピノ・ノワールとシャルドネという単一のブドウ品種を使用して、高級ワインから一般の赤と白ワインまで幅広いワインを生み出しています。

1-2 単一品種ワイン

ブルゴーニュ地方の特徴は、ボルドーとは異なり、単一品種のブドウを使用します。ここでは、特に黒ブドウとして「ピノ・ノワール」、白ブドウとして「シャルドネ」が多く栽培されています。

また、ブルゴーニュ地方ではブドウの収穫状況に大きな影響を受け、同じ造り手のグランクリュ畑でも、年によって異なる味わいのワインが生まれます。この地域は、テロワール(土地の特性)と造り手の個性が最も際立つワイン産地として人気を集めています。

ピノ・ノワール

渋みが少なく、長期熟成に向いた品種で、繊細な個性を引き出す潜在能力を秘めています。冷涼で乾燥した気候と水はけの良い土壌を好み、ブルゴーニュのテロワールに最適です。

しかし、ブドウの皮が薄くて繊細で、病気にも弱いため、栽培は難しいとされています。長期熟成に向いており、熟成が進むほどまろやかさや複雑さ、豊かな味わいが魅力となり、渋みは控えめなワインに仕上がります。

ロマネ・コンティなど、ブルゴーニュ地方の高級ワインの代名詞として知られています。

シャルドネ

シャルドネはブルゴーニュのマコネ地区を起源とするワイン品種で、非常に適応性が高いことで知られ、現在では世界中で最も多く栽培される白ワイン品種の一つとなりました。

ピノ・ノワールと同様に、土地の特性や生産者の技量によって多彩な味わいのワインが生み出されます。

【ソムリエ監修】ブルゴーニュワインの特徴は?人気おすすめ10選も紹介

2.ルーデュモンの歴史

2003年5月、故アンリ・ジャイエ翁からの「自己のアイデンティティをワインを通じて表現せよ」という啓示に触れ、仲田さんは深い感銘を受けました。この啓示を受け、「日本人としてのアイデンティティ」「自然と人間に対する真摯な尊敬の念」を象徴として掲げ、それが「天・地・人」というコンセプトとして具現化されました。

仲田さんは「ワインを通じてアジアの架け橋になれればと願っています」と述べ、その願いは現実となりました。現在、ルー・デュモンのワインは、日本、韓国、台湾、中国、シンガポールなど、アジア諸国を中心に販売されています。

そして、2008年8月には、ジュヴレ・シャンベルタン村に念願の自社カーヴを取得しました。この自社カーヴは、彼のワイン造りにおける新たな章の幕開けを象徴しています。

2-1 ジュブレ・シャンベルタン村

ジュブレ・シャンベルタンの土壌は石灰岩に粘土や酸化鉄を多く含み、これが特徴的なワインを生み出しています。このテロワールからは、程よい酸味とミネラル感、力強いタンニンを持つ長期熟成型のワインが生産されています。

若い段階では酸味や渋みが際立ちますが、時間とともにワインはまろやかで上品な口当たりに変化。黒い果実やスパイス、土の香りが豊かに感じられ、村名ワインは約5年の熟成で、素晴らしいヴィンテージのグランクリュなら最大25年の熟成が期待されます。

特に、グランクリュのシャンベルタンは非常にパワフルで男性的なワインで、しばしば「ブルゴーニュの王」と称され、歴史的にはナポレオンにも愛されたワインとして知られています。

3.ルーデュモンの特徴

【特徴1】 職人気質

仲田さんのワイン造りを特徴付けているのは、まさに職人的と言える、徹底的なこだわりと執念です。テロワールや個性を研究し尽くし、樽の選定眼や熟成方法を巧みに駆使して、ワインを磨き上げています。この姿勢は周りを驚かせるほど細部にまで及び、「ルーデュモン」のワインに独自の味わいと風味をもたらしています。

【特徴2】 ネゴシアン

ネゴシアンは、ブドウの一部または全体を購入し、醸造、熟成、販売を行うワインメーカーです。通常、ネゴシアンは複数のブドウ農家と契約しており、ブドウの品質に左右されずに安定した品質のワインを生産することができます。ただし、ネゴシアンには高度なブレンド技術が必要です。

【特徴3】バリエーション

ルー・デュモン

ルー・デュモンのオレンジラベル「天・地・人」シリーズ。ネゴシアンとしてワインを仕入れ、熟成後にお披露目される。

ドメーヌ・ルー・デュモン

2012年に購入した自社畑で造られる、念願のドメーヌもの。生産量は極僅かな為、殆ど市場には出回らない希少なワインです。

ルー・デュモン レアセレクション

古酒の中から、コストパフォーマンスが抜群の銘酒を仲田さんが厳選し、セレクションとして販売されています。これらのブルゴーニュ古酒は、その歴史と品質にもかかわらず、手頃な価格帯で楽しむことができ、人気を集めています。

4.ルーデュモンのおすすめランキング12選!プレゼントにおすすめの銘柄もご紹介!

ここからは仲田晃司さんが手掛ける、「ルーデュモン」のおすすめ銘柄をランキング形式で紹介していきます。味わいについても詳しく解説していくので、気になる銘柄を探してみてください。

ルーデュモン おすすめ 白ワイン

商品画像ルー・デュモン ピュリニー・モンラッシェルー・デュモン・レア・セレクション ムルソールーデュモン マルサネ ブランルーデュモン ブルゴーニュ ブランルーデュモン モレ・サン・ドニ ブラン
商品名ルー・デュモン ピュリニー・モンラッシェルー・デュモン・レア・セレクション ムルソールーデュモン マルサネ ブランルーデュモン ブルゴーニュ ブランルーデュモン モレ・サン・ドニ ブラン
詳細生産者:ルーデュモン
産地:ブルゴーニュ地方 ピュリニー モンラッシェ
品種:シャルドネ
味わい:白ワイン 辛口
生産者:ルーデュモン
産地:ブルゴーニュ地方 ムルソー
品種:シャルドネ
味わい:白ワイン 辛口
生産者:ルーデュモン
産地:ブルゴーニュ地方 マルサネ
品種:シャルドネ
味わい:白ワイン 辛口
生産者:ルーデュモン
産地:ブルゴーニュ地方
品種:シャルドネ
味わい:白ワイン 辛口
生産者:ルーデュモン
産地:ブルゴーニュ地方 モレ・サン・ドニ
品種:シャルドネ
味わい:白ワイン 辛口
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

5位 ルーデュモン モレ・サン・ドニ ブラン

ルーデュモン モレ・サン・ドニ ブラン

詳細情報
生産者:ルーデュモン
産地:ブルゴーニュ地方 モレ・サン・ドニ
品種:シャルドネ
味わい:白ワイン 辛口

「モレ・サン・ドニ ブラン」は、特級畑で育った平均樹齢40年のブドウを使って造られた白ワイン。味わいは酸味とミネラル感がバランスよく調和しており、エレガントな仕上がりです。

産地品種
ブルゴーニュ地方 モレ・サン・ドニ村シャルドネ

4位 ルーデュモン ブルゴーニュ ブラン

ルーデュモン ブルゴーニュ ブラン

詳細情報
生産者:ルーデュモン
産地:ブルゴーニュ地方
品種:シャルドネ
味わい:白ワイン 辛口

ブルゴーニュ・ブランは、ムルソー村内の異なる産地からのブドウを巧みに組み合わせた贅沢なブレンド。バニラやバターの風味と明るい柑橘類の香りが特徴で、口当たりはクリーミーでミネラル感が感じられます。魚料理や鶏肉によく合うエレガントな白ワイン。

産地品種
ブルゴーニュ地方シャルドネ

3位 ルーデュモン マルサネ ブラン

ルーデュモン マルサネ ブラン

詳細情報
生産者:ルーデュモン
産地:ブルゴーニュ地方 マルサネ
品種:シャルドネ
味わい:白ワイン 辛口

フレッシュな果実の香りが広がり、特にリンゴや洋梨のアロマが際立ちます。口に含むと、酸味がバランスよく感じられ、軽快で爽やかなミネラル感が楽しめます。マルサネ ブランは、シーフードや白身の魚料理との相性が良く、食前酒としても楽しむことができます。

産地品種
ブルゴーニュ地方 マルサネ村シャルドネ

2位 ルー・デュモン・レア・セレクション ムルソー

ルー・デュモン・レア・セレクション ムルソー

詳細情報
生産者:ルーデュモン
産地:ブルゴーニュ地方 ムルソー
品種:シャルドネ
味わい:白ワイン 辛口

樹齢30年のシャルドネをオーク樽12ヶ月熟成で造られるワイン。ムルソーだからこそ、繊細でエレガントな味わいが楽しめます。柑橘類の爽やかな香りと酸味、そしてクリーミーなテクスチャーが特徴的。白身魚のムニエルとの相性が抜群です。

また大きめのグラスで香りの変化を楽しみながら飲むのもおすすめ。

産地品種
ブルゴーニュ地方シャルドネ

1位 ルー・デュモン ピュリニー・モンラッシェ

ルー・デュモン ピュリニー・モンラッシェ

詳細情報
生産者:ルーデュモン
産地:ブルゴーニュ地方 ピュリニー モンラッシェ
品種:シャルドネ
味わい:白ワイン 辛口

樽由来の印象的な香りが広がります。バターのニュアンスと共に洋梨やミネラル感が感じられ、口に含むとクリーミーで豊かなテクスチャーが楽しめます。酸味のバランスが絶妙で、長い余韻が印象的。

1日で飲み切るのではなく、1週間程度かけてゆっくり飲むことがポイント。

産地品種
ブルゴーニュ地方 ピュリニー・モンラッシェ村シャルドネ

ルーデュモン おすすめ 赤ワイン

商品画像ルー・デュモン シャルム・シャンベルタンルー・デュモン ジュヴレ・シャンベルタンルー・デュモン シャンボール・ミュジニールー・デュモン ブルゴーニュ ルージュルー・デュモン フィサン ルージュ
商品名ルー・デュモン シャルム・シャンベルタンルー・デュモン ジュヴレ・シャンベルタンルー・デュモン シャンボール・ミュジニールー・デュモン ブルゴーニュ ルージュルー・デュモン フィサン ルージュ
詳細生産者:ルーデュモン
産地:ブルゴーニュ地方 ジュヴレ・シャンベルタン
品種:ピノ・ノワール
味わい:赤ワイン ミディアムボディ
生産者:ルーデュモン
産地:ブルゴーニュ地方 ジュヴレ・シャンベルタン
品種:ピノ・ノワール
味わい:赤ワイン ミディアムボディ
生産者:ルーデュモン
産地:ブルゴーニュ地方 シャンボール ミュジニー
品種:ピノ・ノワール
味わい:赤ワイン ミディアムボディ
生産者:ルーデュモン
産地:ブルゴーニュ地方
品種:ピノ・ノワール
味わい:赤ワイン ミディアムボディ
生産者:ルーデュモン
産地:ブルゴーニュ地方 フィサン
品種:ピノ・ノワール
味わい:赤ワイン ミディアムボディ
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

5位 ルー・デュモン フィサン ルージュ

ルー・デュモン フィサン ルージュ

詳細情報
生産者:ルーデュモン
産地:ブルゴーニュ地方 フィサン
品種:ピノ・ノワール
味わい:赤ワイン ミディアムボディ

赤いベリーやチェリーのアロマが広がり、口に含むと柔らかなタンニンとバランスの取れた酸味が楽しめます。軽快で爽やかな味わいでありながら、しっかりとした構造を持っています。

軽めの仕上がりなので前菜などに合わせることもおすすめです。

産地品種
ブルゴーニュ地方 フィサン村ピノ・ノワール

4位 ルー・デュモン ブルゴーニュ ルージュ

ルー・デュモン ブルゴーニュ ルージュ

詳細情報
生産者:ルーデュモン
産地:ブルゴーニュ地方
品種:ピノ・ノワール
味わい:赤ワイン ミディアムボディ

ブルゴーニュ ルージュは無濾過で造られていることが特徴的。豊かさよりも繊細さが際立ち、美しいエレガントな赤ワインです。時間をかけて楽しむことで味わいが変化するのも楽しめます。

産地品種
ブルゴーニュ地方ピノ・ノワール

3位 ルー・デュモン シャンボール・ミュジニー

ルー・デュモン シャンボール・ミュジニー

詳細情報
生産者:ルーデュモン
産地:ブルゴーニュ地方 シャンボール ミュジニー
品種:ピノ・ノワール
味わい:赤ワイン ミディアムボディ

「シャンボール・ミュジニー」は、平均樹齢40年のブドウを使って造られています。発酵には自然な酵母を使っていて、一部は樽の中で行っています。澄ませずにノンフィルターでビン詰めされているため、自然な風味が豊かに残り、長い余韻が楽しめます。

ブルゴーニュの繊細な美しさと力強さが絶妙に表現されています。

産地品種
ブルゴーニュ地方 シャンボールミュジニー村ピノ・ノワール

2位 ルー・デュモン ジュヴレ・シャンベルタン

ルー・デュモン ジュヴレ・シャンベルタン

詳細情報
生産者:ルーデュモン
産地:ブルゴーニュ地方 ジュヴレ・シャンベルタン
品種:ピノ・ノワール
味わい:赤ワイン ミディアムボディ

樹齢が70年以上の古木から生まれた贅沢な味わいが特徴的。口に含むと、豊かな果実の風味が広がり、しっかりとした酸味が感じられます。

新樽と1回使用樽での熟成がワインに深みと複雑さを与え、バランスの取れた味わいを楽しむことができます。長い余韻と共に、仲田さんの情熱と技術が感じられる見事な一本。

産地品種
ブルゴーニュ地方 ジュヴレ・シャンベルタン村ピノ・ノワール

1位 ルー・デュモン シャルム・シャンベルタン

ルー・デュモン シャルム・シャンベルタン

詳細情報
生産者:ルーデュモン
産地:ブルゴーニュ地方 ジュヴレ・シャンベルタン
品種:ピノ・ノワール
味わい:赤ワイン ミディアムボディ

樹齢が平均45年以上の古木から生まれたワイン。熟成には新樽と1回使用樽を使っており、これがワインに深みとエレガンスをもたらしています。

ブルゴーニュのグラン・クリュの中でも、柔らかくエレガントなスタイルが特徴的。贅沢な味わいを楽しむ贈り物や特別な日のお供に最適です。

産地品種
ブルゴーニュ地方 ジュヴレ・シャンベルタン村ピノ・ノワール

プレゼントにおすすめの銘柄 2選

商品画像ルー・デュモン ジュヴレ・シャンベルタン キュヴェ・ナチュールルー・デュモン クレマン・ド・ブルゴーニュ ブリュット
商品名ルー・デュモン ジュヴレ・シャンベルタン キュヴェ・ナチュールルー・デュモン クレマン・ド・ブルゴーニュ ブリュット
詳細生産者:ルーデュモン
産地:ブルゴーニュ地方 ジュヴレ・シャンベルタン
品種:ピノ・ノワール
味わい:赤ワイン ミディアムボディ
生産者:ルーデュモン
産地:ブルゴーニュ地方
品種:ピノ・ノワール、シャルドネ、アリゴテ、ガメイ
味わい:赤ワイン ミディアムボディ
商品リンク詳細を見る詳細を見る

・ルー・デュモン クレマン・ド・ブルゴーニュ ブリュット

ルー・デュモン クレマン・ド・ブルゴーニュ ブリュット

詳細情報
生産者:ルーデュモン
産地:ブルゴーニュ地方
品種:ピノ・ノワール、シャルドネ、アリゴテ、ガメイ
味わい:赤ワイン ミディアムボディ

爽やかな辛口のスパークリングワイン。新鮮な酸味と芳醇な果実味が広がります。特に赤いベリーやリンゴの風味が感じられ、味わいに深みをもたらしています。

また、瓶内2次発酵を経たことで、微細な泡が織りなすクリーミーさも感じられます。食前酒や軽食との相性が良く、さまざまな場面で楽しめる1本。

産地品種
ブルゴーニュ地方ピノノワール、シャルドネ、アリゴテ、ガメイ

ルー・デュモン ジュヴレ・シャンベルタン キュヴェ・ナチュール

ルー・デュモン ジュヴレ・シャンベルタン キュヴェ・ナチュール

詳細情報
生産者:ルーデュモン
産地:ブルゴーニュ地方 ジュヴレ・シャンベルタン
品種:ピノ・ノワール
味わい:赤ワイン ミディアムボディ

自然の力を最大限に引き出したワイン。赤い果実のニュアンスが広がり、ブラックチェリーやスパイスの香りと凝縮した果実味と酸味がワインを引き締めています。

特に有機栽培のブドウから造られたことで、土地の特徴や個性が際立つ味わいを楽しむことができます。またコラボレーションラベルが使われており、版画家の宮崎敬介氏がデザインしたラベルはプレゼントにもおすすめです。

産地品種
ブルゴーニュ地方 ジュヴレ・シャンベルタン村ピノ・ノワール

5.美味しく飲める温度

ワインの温度は味わいや香りに大きな影響を与えます。一般的に、白ワインやロゼは低めの温度で、コクのある白ワインはやや高めの温度で楽しむと最適です。

ワインの特性や生産者の指示に合わせて温度を調整しましょう。適切な温度でワインを楽しむことが、その味わいを更に引き立てます。

赤ワイン 13〜18℃

適切な温度は、一般的に赤ワインは13~18℃くらいが最適とされています。ただし、長時間冷蔵庫に入れすぎると冷え過ぎるので注意が必要です。

しかし室温のままだと温度が高すぎてしまう場合があります。温度を冷やす方法として、赤ワインを飲む1~2時間前にワインを冷蔵庫に入れ、適切な温度に近づけてから楽しむことがおすすめです。

白ワイン 7~14℃

白ワインの酸味は温度によって大きく変化します。低い温度では酸味が引き締まり、やや高い温度では柔らかな酸味を楽しむことができます。

一般的に、白ワインは7~14℃くらいが最適な温度とされています。特に暑い日には、少し冷やして飲むと、より爽やかで美味しく感じられるでしょう。

ワインの種類が重ためか軽めによっても適切な温度は異なるため、ホームページなどに掲載されている、ワインのテクニカル情報を参考にすることも大切です。

6.ルーデュモンに合わせるおすすめ料理

ルーデュモンのエレガントな味わいや芳醇フルーツな香りを最大限に楽しむために、おすすめ料理を紹介していきます。ワインとのマリアージュを是非お楽しみください。

ルーデュモンの白ワインにおすすめ①【カルパッチョ】

カルパッチョは白ワインの定番おつまみの一つ。オリーブオイルやハーブ、レモンの風味が、爽快感のある白ワインと素晴らしい組み合わせを作ります。

魚介系の料理と辛口のシャルドネは、まさに最適なペアリングです。

おすすめ銘柄 ルーデュモン ブルゴーニュ ブラン、ルーデュモン マルサネ ブラン

ルーデュモンの白ワインにおすすめ②【白身魚のムニエル】

白身魚のムニエルには、バターの風味が広がる料理と相性抜群のふくよかなシャルドネがぴったりです。特に熟成タイプのシャルドネは、そのバターの風味と絶妙に調和し、料理の味わいをより一層豊かにしてくれます。

舌平目などの高級魚を使用したムニエルには、ブルゴーニュの熟成シャルドネ、例えばムルソーやモンラッシェが特におすすめ。

おすすめ銘柄 ルー・デュモン・レア・セレクション ムルソー、ルー・デュモン ピュリニー・モンラッシェ

ルーデュモンの赤ワインにおすすめ①【マッシュルームのリゾット】

マッシュルームの豊かな風味が特徴。赤ワインは様々な風味を持ち、特に赤い果実やスパイスのニュアンスがマッシュルームの風味と調和し、お互いの特徴を引き立て合います。

おすすめ銘柄 ルー・デュモン ブルゴーニュ ルージュ、ルー・デュモン シャンボール・ミュジニ

ルーデュモンの赤ワインにおすすめ②【鶏肉のグリル】

赤ワインにはタンニンが含まれており、肉料理との相性が抜群。グリルチキンは、赤ワインのタンニンと調和し、食事全体のバランスを保ってくれます。骨格のしっかりとした赤ワインに合わせることがおすすめです。

おすすめ銘柄 ルー・デュモン ジュヴレ・シャンベルタン

7.まとめ

日本人醸造家 仲田晃司さんが手掛ける、「ルーデュモン」のワインを紹介しました。ブルゴーニュワインの最高峰と言える味わい。特徴や歴史を理解して、特別な日や自分へのご褒美に、その極上の味わいをぜひ堪能してみてください。

一度試してみる価値があること間違いありません。

 

 

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

【ワイン教養】今注目のマルサネワインを解説!特徴やロゼの歴史、おすすめ生産者・銘柄をご紹介

世界中のワイン愛好家を虜にしてやまない、ブルゴーニュの数々の銘醸地。 中でもピノ・ノワールの本場、コート

ワイン銘醸地「シャンボール・ミュジニー」/魅力や味わいの特徴、おすすめ10銘柄をご紹介!

「ブルゴーニュで最も女性的なワイン」の名の下、数多のワイン愛好家を虜にしてやまない銘醸地が、シャンボール・ミュ

【ソムリエ監修】ドメーヌ・コシュ・デュリとは? 特徴やおすすめワイン10選を紹介

世界最高の白ワイン生産者のひとつと評されるドメーヌ・コシュ・デュリ。 彼らの生み出すワインは品質と希少性が極めて高く、

【ソムリエ監修】ヴォーヌ・ロマネとは?産地の特徴やロマネ・コンティとの関係を解説

ヴォーヌロマネは「ブルゴーニュの宝石」とも呼ばれるワイン産地。世界で最も高級なワインであるロマネ・コンティが生

【ドメーヌ・ルフレーヴ】徹底解説!おすすめアイテムもご紹介!

ドメーヌ・ルフレーヴは「世界の白ワイン生産者Top10」の中で1位に輝いたフランスを代表するワイナリーです

【ワイン教養】シャブリを徹底解説!概要や味わい、おすすめ15銘柄もご紹介!

シャブリと聞いて皆さんは、どのようなイメージをお持ちでしょうか? 「牡蠣に合うワイン」「スッキリした辛口

【ソムリエ監修】ブルゴーニュワインの代表格「ニュイ・サン・ジョルジュ」を徹底解説

ニュイ・サン・ジョルジュはフランスのブルゴーニュのコート・ド・ニュイ地区最南端位置し、プルモー・プリセ村と合わせたワイ

【ソムリエ監修】ブシャール・ペール・エ・フィスとは?特徴やおすすめ銘柄16選を紹介

ブルゴーニュ地方で最も大きなドメーヌのひとつであるブシャール・ペール・エ・フィス。 彼らのワインは、そのどれもがこだ

【ソムリエ監修】ブルゴーニュの白ワイン人気おすすめ25選を紹介!

ボルドーに並ぶワインの名産地と言えば、ブルゴーニュ! 今回は素晴らしいブルゴーニュの白ワインの特徴や選び方

【ソムリエ厳選】おすすめのシャンパン銘柄16選!概要から味わいの特徴、飲み方も解説!

  お誕生日や記念日など、華やかな席にシャンパンは欠かせませんよね。でも、多くの銘柄があり、味わ

特集記事

日本酒スキンケア用品ランキング6選!併せて楽しめる日本酒もご紹介!

人気おすすめの純米酒ランキング31選!選び方や美味しい飲み方も紹介

【ソムリエ厳選】おすすめの赤ワイン16選!選び方・飲み方も解説!

リキュールとは?種類から、おすすめのリキュール一覧、飲み方まで徹底解説!

【編集部厳選】おすすめの高級焼酎25選!人気のプレミアム焼酎を厳選!

TOP