【ソムリエ厳選】ソノマのおすすめ人気赤ワイン10選!選び方も解説

2018/12/20 おすすめ赤ワイン

ナパバレーと並んで、アメリカを代表するほどのワイン生産地となったソノマ!
家庭で毎日愉しめるデイリーワインから、生産量が極端に少なく高額で入手も極めて困難なカルトワインまで幅広く生産されています。
今日はソノマの赤ワインについて解説し、後半ではソムリエセレクトのオススメワインご紹介いたします。

[PR]
カリフォルニアワインとピノノワールのワイン通販はしあわせワイン倶楽部

ソノマカウンティとは

Sonoma County は北米カリフォルニア州サンフランシスコ湾岸の北部太平洋沿岸に位置する郡です。
サンフランシスコの北約55kmの位置にあります。
ソノマはナパバレーと並んでワイン生産地として今や世界的に有名で、多様なワインを生産する260以上のワイナリーがあります。
ソノマ南部の霧が深い地域は、1960年頃まで寒すぎてブドウ栽培には向かないと敬遠されてきました。しかしその気候を逆手にとりブルゴーニュ品種であるピノノワールの栽培が始まり現在では非常にクオリティーの高い赤ワインが造られています。

ソノマの赤ワインの特徴

ソノマカウンティの土地は広大で、ナパの2倍にあたります。
場所によって土壌や気候が異なるので、造られるワインも多彩です。

カジュアルなピノ・ノワール

霧が深い冷涼なソノマ南部は、南のサンパプロ湾を通して冷たい海風が通り
冷涼で湿度が高く、ピノノワールが多く栽培されています。
カリフォルニアで最もブルゴーニュ風に仕上がると言われていますが、
実は場所(AVA) によっても異なり、ルシアンリバーヴァレーではどちらかと言うとカジュアルで
しっかりした酸を持った果実味豊かなピノノワールが多いです。

【ソムリエ監修】ピノ・ノワールとは?おすすめのワインや特徴まで解説

 

カベルネソーヴィニヨンやメルローからできるパワフルな赤ワインも

比較的温暖な内陸部は標高が高く日照量に恵まれいます。カベルネソーヴィニヨンやメルロー、ジンファンデルが主に栽培されています。比較的濃厚で凝縮した果実味によりふくよかでパワフルな赤ワインに仕上がる傾向があります。

ソノマワインとナパワインの違い

ソノマワインとナパワインは、どちらもカリフォルニアを代表するワイン産地ですが、いくつかの違いがあります。

ソノマは、ナパに比べて冷涼な気候で、ピノ・ノワールやシャルドネなどの品種の栽培に適しており、繊細でエレガントな味わいが特徴です。

対して、ナパは温暖な気候で、カベルネ・ソーヴィニヨンやメルローなどのボルドー品種が主体で、力強くフルボディで、しっかりとしたタンニンが特徴的。

また、ソノマはナパに比べて、ワイナリーの数が多く、小規模な家族経営のワイナリーが多いのも特徴です。

一方、ナパはより商業的で、大規模なワイナリーが多数を占めています。

ソノマとナパは、どちらも高品質なワインを生産していますが、その個性は異なります。

ソノマのエレガントさとナパのパワフルさ、両方の魅力を楽しむのもおすすめです。

【ワイン教養】ナパワインとは?産地の特徴や価格別おすすめ20銘柄をご紹介!

 

ソノマの赤ワイン 選び方

赤ワインは品種によって味わいが大きく変わってきますし、価格によっても随分異なります。
事前に調べてから購入する事で大きな失敗を防ぎ、ご自分の好みに近いワインに出会えることと思います。

品種で選ぶ

ピノノワール

シャンパーニュ地方を除いて、基本的には単一で造られる品種です。
ソノマのピノノワールは、比較的ワイルドベリーやさくらんぼのような果実香が出やすく、繊細な気候を活かした優しくエレガントなワインに仕上がる傾向があります。

ライトからミディアムボディに仕上がります。

【ソムリエ監修】ピノ・ノワールとは?おすすめのワインや特徴まで解説

 

カベルネ ソーヴィニヨン

ソノマのカベルネソーヴィニヨン、特にアレクサンダーヴァレー産はアニスや黒オリーブの香りが特徴的です。
ボルドーと比べて、豊富な日照量によりフルーティーさやアルコールのボリュームが強く出ます。アイテムや価格にもよりますが、気難しいボルドーのように熟成を待たず、購入してすぐに愉しめるワインも多いです。

フルボディに仕上がります。

【ワイン教養】カベルネ・ソーヴィニヨンを解説!品種特徴や豆知識、おすすめ銘柄などご紹介!

 

メルロー


ソノマのメルローは、エレガントで凝縮した果実味と深みのある味わいが出やすくなります。余韻にスパイシーなニュアンスを感じることもあります。

ミディアムから若干フルボディに仕上がります。

 

ジンファンデル

ナパやソノマを代表するぶどう品種のひとつです。イタリアでは「プリミティーヴォ」と呼ばれる品種です。
ソノマのジンファンデルは、イタリアのプリミティーヴォに比べると酸味は少なく、サクランボや黒すぐりのような香りに加え、クミンやコショウのスパイス香を合わせたような香りが出やすい傾向にあります。ソノマは年間を通じで晴れる日が多いので、凝縮感がありアルコール度数も高めで長期熟成にも向くジンファンデルのワイン造られています。

基本的にはフルボディに仕上がりますが、アイテムにより果実味が突出するようなワインは感じ方によってはミディアムか、ややフルボディになることもあります。

【ソムリエ監修】ジンファンデルとは?人気おすすめ20種類も紹介!

 

価格で選ぶ

相場は3,000円台

ソノマは高級ワイン生産地として有名で、手頃な価格のアイテムは残念ながら少ないです。
2,000円未満ではかなり限られたアイテムのみ、2,000円代の半ば辺りから入手できるワイン増えてきて、相場としては3,000円辺りからになります。

上質なものは5,000円、6,000円台から

5〜6,000円出すことで、満足度の高い上質なワインが見つかることと思います。
ソノマの白ワイン同様、高品質で高額な上に入手困難なカルトワインも生産されています。
人生における大きなお祝いや節目にあたる記念日などには、思い出にカルトワインをあけて祝杯をあげるのも素敵ですね。

[PR]

しあわせワイン倶楽部

「しあわせワイン倶楽部」はカリフォルニアワインと世界のピノノワール品種に特化したワインをご提供していくインターネット通販サイトです。

最も高貴な嗜好品であるワイン。
「しあわせワイン倶楽部」では、通常の定価よりも手頃な価格でご提供。

さらにスクリーミングイーグルハーラン・エステートなど、カルトワインも豊富にラインナップ。
お気に入りの一本を見つけて、贅沢なひとときをお楽しみください!▼

公式サイトを見る

ソノマのおすすめ赤ワイン10選

 

来客用やデイリーワインに!予算3,000円

商品画像ラ・クレマ ピノノワール ソノマコーストケンダル・ジャクソン ”ヴィントナーズ・リザーブ” カベルネソーヴィニヨンデコイ ”リミテッド” ピノノワール ソノマコーストヴァレー・オブ・ザ・ムーン ジンファンデルブラックスミス カベルネソーヴィニヨン
商品名ラ・クレマ ピノノワール ソノマコーストケンダル・ジャクソン ”ヴィントナーズ・リザーブ” カベルネソーヴィニヨンデコイ ”リミテッド” ピノノワール ソノマコーストヴァレー・オブ・ザ・ムーン ジンファンデルブラックスミス カベルネソーヴィニヨン
詳細ボディー  フルボディ
原産国名 アメリカ カリフォルニア
果実 %     ピノノワール100%
ボディー  フルボディ
原産国名 アメリカ カリフォルニア
メーカー名 シャトー・セント・ジーン
果実 %     カベルネソーヴィニヨン85%、カベルネフラン6%、プティヴェルド4%、マルベック4%、メルロー1%
アルコール度数 14.2%
ボディー  ミディアムボディ
原産国名 アメリカ カリフォルニア
果実 %     ピノノワール100%
原産国名 アメリカ カリフォルニア
果実 %     ジンファンデル100%
アルコール度数 13.5 %
ボディー  フルボディ
原産国名 アメリカ カリフォルニア
果実 %     カベルネソーヴィニヨン80%、メルロー18%、プティヴェルド2%
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

5位

ブラックスミス カベルネソーヴィニヨン

詳細情報
アルコール度数 13.5 %
ボディー  フルボディ
原産国名 アメリカ カリフォルニア
果実 %     カベルネソーヴィニヨン80%、メルロー18%、プティヴェルド2%

ナパヴァレーの恵まれた気候と土壌が生み出す、凝縮感のあるカベルネソーヴィニヨン。

カシスやブラックチェリーを思わせる豊かな果実味に、バニラやスパイスのニュアンスが加わり、複雑で魅力的な香りを醸し出します。

口に含むと、力強いタンニンと濃厚な果実味が見事に調和し、長い余韻へと導きます。

香りシス、バニラ
酸味★★★☆☆
ボディ★★★★★
渋み★★★★☆
佐々木
濃厚な果実味とバニラの香りが豊かに広がり、パワフルな味わいが印象的。牛肉のグリルやジビエ料理などのボリューム感のある料理と好相性です。

4位

ヴァレー・オブ・ザ・ムーン ジンファンデル

詳細情報
原産国名 アメリカ カリフォルニア
果実 %     ジンファンデル100%

カリフォルニアのソノマヴァレーで造られる、力強いジンファンデル。

ブラックベリーやプラムを思わせる濃厚な果実味に、スパイスやバニラのニュアンスが加わり、複雑で魅力的な香りを醸し出します。

口に含むと、しっかりとしたタンニンとジャミーな果実味が見事に調和し、長い余韻へと導きます。

香りブラックベリー、バニラ
酸味★★★☆☆
ボディ★★★★☆
渋み★★★★☆
佐々木
濃厚な果実味とスパイスの香りが豊かに広がり、力強い味わいが印象的。BBQやグリル料理などのボリューム感のある料理と好相性です。

3位

デコイ ”リミテッド” ピノノワール ソノマコースト

詳細情報
アルコール度数 14.2%
ボディー  ミディアムボディ
原産国名 アメリカ カリフォルニア
果実 %     ピノノワール100%

ソノマコーストの冷涼な気候が育む、エレガントなピノノワール。

チェリーやラズベリーを思わせる赤い果実の香りに、スパイスやバニラのニュアンスが加わり、複雑で魅力的な香りを醸し出します。

口当たりは滑らかでシルキー。豊かな果実味と繊細なタンニンが調和し、長い余韻へと導きます。

香りチェリー、スパイス
酸味★★★★☆
ボディ★★★☆☆
渋み★★★☆☆
佐々木
赤い果実とスパイスの香りが豊かに広がり、シルキーな口当たりが印象的。鴨肉のロースト、サーモンのグリルなどと好相性です。

2位

ケンダル・ジャクソン ”ヴィントナーズ・リザーブ” カベルネソーヴィニヨン

詳細情報
ボディー  フルボディ
原産国名 アメリカ カリフォルニア
メーカー名 シャトー・セント・ジーン
果実 %     カベルネソーヴィニヨン85%、カベルネフラン6%、プティヴェルド4%、マルベック4%、メルロー1%

カリフォルニアの恵まれた気候と土壌が生み出す、凝縮感のあるカベルネソーヴィニヨン。

ブラックベリーやカシスを思わせる豊かな果実味に、バニラやトーストのニュアンスが加わり、複雑で魅力的な香りを醸し出します。

口に含むと、しっかりとしたタンニンと濃厚な果実味が見事に調和し、長い余韻へと導きます。

香りブラックベリー、バニラ
酸味★★★☆☆
ボディ★★★★☆
渋み★★★★☆
佐々木
濃厚な果実味とバニラの香りが豊かに広がり、力強い味わいが印象的。牛肉のグリルやジビエ料理などのボリューム感のある料理と好相性です。

1位

ラ・クレマ ピノノワール ソノマコースト

詳細情報
ボディー  フルボディ
原産国名 アメリカ カリフォルニア
果実 %     ピノノワール100%

ソノマコーストの冷涼な気候と豊かな土壌で育まれたピノノワール。

赤い果実やチェリーの香りに、スパイスやバニラのニュアンスが加わり、複雑で魅力的な香りを醸し出します。

口当たりは滑らかでエレガント。豊かな果実味と繊細なタンニンが調和し、長い余韻へと導きます。

香りラズベリー、シナモン
酸味★★★☆☆
ボディ★★★☆☆
渋み★★★☆☆
佐々木
赤い果実とスパイスの香りが豊かに広がり、エレガントな口当たりが印象的。鴨肉のロースト、マグロのステーキなどと好相性です。

プレゼント用や憧れの一品まで!3,000円以上

商品画像フリーマン ”アキコズ・キュヴェ” ピノノワールフラワーズ ピノノワールナカムラ・セラーズ ”ノリア” ピノノワール サンジャコモ・ヴィンヤードクロスバーン by ポール・ホブス ピノノワール ホワイトホール・レーン ”ラッシ” カベルネソーヴィニヨン
商品名フリーマン ”アキコズ・キュヴェ” ピノノワールフラワーズ ピノノワールナカムラ・セラーズ ”ノリア” ピノノワール サンジャコモ・ヴィンヤードクロスバーン by ポール・ホブス ピノノワール ホワイトホール・レーン ”ラッシ” カベルネソーヴィニヨン
詳細原産国名 アメリカ カリフォルニア
果実 %     ピノノワール100%
原産国名 アメリカ カリフォルニア
果実 %     ピノノワール100%
アルコール度数 14.1 %
原産国名 アメリカ カリフォルニア
果実 %     ピノノワール100%
ボディー  ミディアムボディ
原産国名 アメリカ カリフォルニア
果実%     ピノノワール100%
アルコール度数 14.8 %
ボディー  フルボディ
原産国名 アメリカ カリフォルニア
果実 %     カベルネソーヴィニヨン87%、メルロー13%
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

5位

ホワイトホール・レーン ”ラッシ” カベルネソーヴィニヨン

詳細情報
アルコール度数 14.8 %
ボディー  フルボディ
原産国名 アメリカ カリフォルニア
果実 %     カベルネソーヴィニヨン87%、メルロー13%

ソノマの恵まれた気候と土壌が生み出す、凝縮感のあるカベルネソーヴィニヨン。

ブラックベリーやカシスを思わせる豊かな果実味に、バニラやスパイスのニュアンスが加わり、複雑で魅力的な香りを醸し出します。

口に含むと、力強いタンニンと濃厚な果実味が見事に調和し、長い余韻へと導きます。

香りブラックベリー、バニラ
酸味★★★☆☆
ボディ★★★★★
渋み★★★★☆
佐々木
濃厚な果実味とバニラの香りが豊かに広がり、パワフルな味わいが印象的。牛肉のグリルやジビエ料理などのボリューム感のある料理と好相性です。

4位

クロスバーン by ポール・ホブス ピノノワール 

詳細情報
ボディー  ミディアムボディ
原産国名 アメリカ カリフォルニア
果実%     ピノノワール100%

ソノマコーストの冷涼な気候が育む、エレガントなピノノワール。

チェリーやラズベリーを思わせる赤い果実の香りに、スパイスやバニラのニュアンスが加わり、複雑で魅力的な香りを醸し出します。

口当たりは滑らかでシルキー。豊かな果実味と繊細なタンニンが調和し、長い余韻へと導きます。

香りチェリー、スパイス
酸味★★★★☆
ボディ★★★☆☆
渋み★★★☆☆
佐々木
赤い果実とスパイスの香りが豊かに広がり、シルキーな口当たりが印象的。鴨肉のロースト、サーモンのグリルなどと好相性です。

3位

ナカムラ・セラーズ ”ノリア” ピノノワール サンジャコモ・ヴィンヤード

詳細情報
アルコール度数 14.1 %
原産国名 アメリカ カリフォルニア
果実 %     ピノノワール100%

ソノマコーストの単一畑で育まれたピノノワール。

ワイルドベリーやチェリーを思わせる赤い果実の香りに、スパイスやバニラのニュアンスが加わり、複雑で魅力的な香りを醸し出します。

口当たりは滑らかでシルキー。豊かな果実味と繊細なタンニンが調和し、長い余韻へと導きます。

香りワイルドベリー、バニラ
酸味★★★★☆
ボディ★★★☆☆
渋み★★★☆☆
佐々木
赤い果実とバニラの香りが豊かに広がり、シルキーな口当たりが印象的。鴨肉のロースト、マグロのステーキなどと好相性です。

2位

フラワーズ ピノノワール

詳細情報
原産国名 アメリカ カリフォルニア
果実 %     ピノノワール100%

ソノマコーストの冷涼な気候と豊かな土壌で育まれたピノノワール。

チェリーやラズベリーを思わせる赤い果実の香りに、スパイスやバニラのニュアンスが加わり、複雑で魅力的な香りを醸し出します。

口当たりは滑らかでエレガント。豊かな果実味と繊細なタンニンが調和し、長い余韻へと導きます。

香りチェリー、スパイス
酸味★★★☆☆
ボディ★★★★☆
渋み★★★★☆
佐々木
赤い果実とスパイスの香りが豊かに広がり、エレガントな口当たりが印象的。鴨肉のロースト、サーモンのグリルなどと好相性です。

1位

フリーマン ”アキコズ・キュヴェ” ピノノワール

詳細情報
原産国名 アメリカ カリフォルニア
果実 %     ピノノワール100%

ソノマコーストの冷涼な気候が育む、エレガントなピノノワール。

ラズベリーやチェリーを思わせる赤い果実の香りに、スパイスやバニラのニュアンスが加わり、複雑で魅力的な香りを醸し出します。

口当たりは滑らかでシルキー。豊かな果実味と繊細なタンニンが調和し、長い余韻へと導きます。

香りラズベリー、バニラ
酸味★★★★☆
ボディ★★★☆☆
渋み★★★☆☆
佐々木
赤い果実とバニラの香りが豊かに広がり、シルキーな口当たりが印象的。鴨肉のロースト、マグロのステーキなどと好相性です。

ソノマワインの飲み方

ソノマの赤ワインを最大限に楽しむためには、適切な飲み方を知ることが大切です。

温度管理とデカンタージュは、ワインの魅力を引き出すために欠かせないポイントです。

温度は16℃〜18℃程度に

ソノマの赤ワインは、16℃から18℃程度の温度で飲むのが最適です。

温度が低すぎるとワインの香りが閉じてしまい、高すぎるとアルコールの刺激が強くなり、味わいのバランスが崩れてしまいます。

特にピノ・ノワールは繊細な味わいが特徴なので、温度管理には注意が必要です。

ワインを冷蔵庫で少し冷やしてから、室温で10分から15分ほど置いて温度を調整すると良いでしょう。

温度計を使って確認するのもおすすめです。

 

デカンタージュがおすすめ

デカンタージュとは、ワインをボトルからデカンタ(ガラスの容器)に移し替える作業のことです。

この作業には、ワインに空気を送り込み、味わいを開かせる効果があります。

特に若いワインや重厚なワインは、デカンタージュによって香りが開き、まろやかになるのです。

ソノマの赤ワインは、ピノ・ノワールのようなエレガントなタイプもあれば、カベルネ・ソーヴィニヨンのようなパワフルなタイプもあります。

どちらもデカンタージュによって、その個性がより引き立つでしょう。

デカンタージュは、ワインを飲む30分から1時間ほど前に行うのがおすすめです。

 

ソノマの赤ワインと合う料理

ソノマの赤ワインは、その品種の特徴に合わせて料理とのペアリングを楽しむのがおすすめです。

ワインと料理の相性を考えることで、両者の魅力をさらに引き立てることができるでしょう。

【ソムリエ監修】ワインに合う料理は?具体的にな作り方も紹介!

ピノ・ノワールには鴨肉やシチューを

ソノマのピノ・ノワールは、繊細な味わいとなめらかなタンニンが特徴です。

このワインには、同じく繊細な味わいの鴨肉料理がよく合い、鴨肉のしっとりとした食感と、ピノ・ノワールの柔らかなタンニンが調和します。

また、ソノマのピノ・ノワールは、野菜や果実の風味も豊かです。

この特徴を活かすなら、野菜たっぷりのシチューもおすすめです。

ワインの果実味と野菜の甘みが絶妙にマッチし、満足度の高い食事になるでしょう。

 

カベルネ・ソーヴィニヨンには牛肉料理を

ソノマのカベルネ・ソーヴィニヨンは、力強いタンニンとしっかりとしたボディが特徴です。

このワインには、同じくしっかりとした味わいの牛肉料理がよく合います。

特にグリルやステーキなどの調理法は、カベルネ・ソーヴィニヨンの持つ凝縮感のある果実味と見事に調和します。

また、ハーブを効かせた牛肉料理も相性抜群です。

ローズマリーやタイムなどのハーブの香りが、ワインの複雑味を引き立ててくれます。

ソノマのカベルネ・ソーヴィニヨンと牛肉料理の組み合わせは、ワインの王様と呼ばれるに相応しい贅沢な味わいです。

 

ジンファンデルにはBBQ料理がおすすめ

ソノマのジンファンデルは、豊かな果実味とスパイシーな風味が魅力のワインで、BBQ料理がぴったりです。

BBQで使われるスパイスやソースの風味が、ジンファンデルのスパイシーさと見事にマッチします。

特に、甘辛いBBQソースを使った料理は、ジンファンデルの果実味を引き立ててくれるのです。

また、ジンファンデルは香ばしさも兼ね備えているため、炭火で焼いた肉料理とも相性抜群です。

友人を集めてのBBQパーティーには、ソノマのジンファンデルを用意すれば、誰もが満足する食事になるでしょう。

 

ソノマのおすすめ赤ワインを一度試してみよう

ソノマの赤ワインは、気軽に試せる手頃なお値段のものからカルトワインまでチョイスの幅はとても広いことがお分かりいただけましたでしょうか。
今までどうしてもカリフォルニアというとナパバレーのワインばかり選んできたという方も多いと思います。次はソノマのワインも堪能してみてはいかがでしょうか。

記事の執筆者

佐々木 健太

J.S.A. ソムリエ・エクセレンス

ソムリエ/年間受講者数日本一を誇るカリスマワインスクール講師  21歳でソムリエ資格を取得。南フランスにある一つ星レストラン「Keisuke Matsushima」にて研鑽を積み、帰国後は南青山「L’AS」を経て、株式会社WINE TRAILを創業。ワインのサブスク「HOME WiNE」を手掛ける。YouTubeチャンネル「ソムリエ佐々木」を運営。第9回全日本最優秀ソムリエコンクールファイナリスト。

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

【ソムリエ監修】ノース・コーストの赤ワインおすすめ人気15選!産地特徴や選び方もご紹介

ナパ・ヴァレーやソノマ・ヴァレーがあることで有名なノース・コースト。 アメリカ有数の高級ワイン産地ですが、

【ソムリエ監修】セントラル・コーストのおすすめ赤ワイン15選!産地の特徴、選び方も解説

カリフォルニアはリーズナブルな価格から高額のカルトワインまで世界最高水準のワインが揃っており、ニューワールドでも

【ソムリエ監修】ナパ・ヴァレーの人気おすすめ赤ワイン17選!

ナパ・ヴァレーと言えば、アメリカの赤ワインの名産地。 今回はナパの赤ワインの特徴から、選び方、おすすめの赤

【厳選】カリフォルニアのおすすめ人気赤ワイン21選!ソムリエが監修

カリフォルニアといえば、アメリカのワイン生産量の約80%を占めるワインの一大生産地です。 赤ワインだけでも

【ソムリエ監修】米・サウス・コーストのおすすめ赤ワイン10選!産地の特徴や選び方も解説

サウス・コースト(South Coast)と言えば、ロサンジェルスやサンディエゴといった大都市が思い浮かびます。

【ソムリエ監修】ソノマのおすすめ白ワイン10選!産地の特徴や選び方のコツも解説!

カリフォルニア州サンフランシスコから車で1時間弱の場所に、ナパと山を挟んで広がるソノマカウンティ(ソノマ郡)、こ

シルバー・オーク/トゥーミーのワインとは?味わいの特徴・銘柄詳細・ペアリングを徹底解説!

シルバー・オークは、全米を中心に熱い支持を受けるトップワイナリー。 従来はカベルネ・ソーヴィニョンの

【ワイン教養】ソノマワインの特徴は?産地概要、代表生産者・銘柄まで解説!

「ナパと比べて冷涼な産地」「ピノ・ノワールやシャルドネが美味しい所だ」 そうワインラバーが口を揃えて答え

赤ワインの選び方

特集記事

日本酒スキンケア用品ランキング6選!併せて楽しめる日本酒もご紹介!

人気おすすめの純米酒ランキング31選!選び方や美味しい飲み方も紹介

【ソムリエ厳選】おすすめの赤ワイン16選!選び方・飲み方も解説!

リキュールとは?種類から、おすすめのリキュール一覧、飲み方まで徹底解説!

【編集部厳選】おすすめの高級焼酎25選!人気のプレミアム焼酎を厳選!

TOP