メドックワインとは?産地の特徴や歴史・格付けについてソムリエが解説

2019/04/20 ワインの基礎知識


最高級の赤ワイン生産地として名高いフランス・ボルドー地方のメドック。

メドックは赤ワインで有名ということは知っていても、あまり詳しく知らない方も多いのでは?

今回はメドックのワイン産地としての特徴や歴史、格付けなどをソムリエが徹底解説します。

メドックワインを見る▶︎

記事の執筆者

佐々木 健太

J.S.A. ソムリエ・エクセレンス

ソムリエ/年間受講者数日本一を誇るカリスマワインスクール講師  21歳でソムリエ資格を取得。南フランスにある一つ星レストラン「Keisuke Matsushima」にて研鑽を積み、帰国後は南青山「L’AS」を経て、株式会社WINE TRAILを創業。ワインのサブスク「HOME WiNE」を手掛ける。YouTubeチャンネル「ソムリエ佐々木」を運営。第9回全日本最優秀ソムリエコンクールファイナリスト。

[PR]
※販売数には限りがございますので、売り切れの際は何卒ご容赦ください。

メドックワインの特徴

ブルゴーニュと並んで世界中を魅了する、ワインの名産地ボルドー。

そのボルドーの一画にあるメドックについて、その特徴をこちらで解説していきます。

芳醇で熟成された最高級赤ワイン

メドックのワインはワイン王国フランスの中でも高品質と言われており、「赤ワインと言えばメドック!」と言われるほど、世界中で人気があるワインです。

メドックの赤ワインは濃い目の赤色をしており、渋みに富んでいるのが特徴です。

また熟成された深みのある味わいの赤ワインであり、長期熟成に非常に適しています。

熟成させることで果実味が複雑になり、渋みが柔らかさを帯びるのでよりまろやかな味わいになります。

メドックワインのブドウ品種の特徴

単体のぶどうでワインを作るよりも複数のぶどうをブレンドして作ることが多いのが、メドックのワインの特徴でもあります。

メドックで使用される主なブドウ品種は以下の通りです。

 

メドックで栽培されるブドウ品種

主体としてはカベルネ・ソーヴィニヨン、メルローが使われています。

使用するぶどう品種の配合によって味わいが変化するため、様々な魅力を持つワインが生まれます。

 

ガツンと重い【カベルネ・ソーヴィニヨン】

黒ブドウ品種の王様とも呼ばれ、メドックで栽培されている主要品種です。

酸も渋みも強めで、しっかりと力強い重厚な味わいのワインに仕上がります。

オレンジ・カシスのようなフローラルなアロマと清涼感のあるミントのようなアロマがあり、旨味がギュッと濃縮された飲み応えのあるフルボディのワインに多く使用されます。

メドックでは複数のブドウ品種がブレンドされてワインが造られますが、カベルネ・ソーヴィニヨンはそのベースとなるブドウ品種です。

メドックの土壌はカベルネ・ソーヴィニヨンの栽培に適した環境のため、多くのシャトーでカベルネ・ソーヴィニヨンが栽培されています。

>>【ワイン教養】カベルネ・ソーヴィニヨンを解説!品種特徴や豆知識、おすすめ銘柄などご紹介!

 

柔らかくまろやか【メルロー】

力強くガツンとしたカベルネ・ソーヴィニヨンとは違い、芳醇でまろやかで繊細な味わいがあるのがメルローです。

色はやや朱色を帯びており、ブラックチェリーやプルーンのような熟した黒い果実の香りを感じます。

熟成することでコーヒーやチョコレート、なめし皮、タバコなどの香りが漂うワインが出来上がります。

カベルネ・ソーヴィニヨンよりも早熟な特性があり、メドックよりもボルドー右岸地域の方が栽培が盛んです。

>>【ソムリエ監修】メルローの人気おすすめワイン25選を紹介!特徴も解説

 

軽快でエレガント【カベルネ・フラン】

カベルネ・フランはカベルネ・ソーヴィニヨンなどから交配されたブドウ品種。

フランスのワイン産地では主にブレンドに使用されることが多いです。

その特徴は中程度のタンニンと爽やかな酸味、そして赤系ベリーやハーブ、スミレの花を思わせるような風味。

冷涼な環境下でもカベルネ・フランは栽培しやすく、カベルネ・ソーヴィニヨンよりも成長や完熟の速度が早い点も特徴です。

そのため、メドックでは主要品種であるカベルネ・ソーヴィニヨンの収量や出来が良くない場合に、カベルネ・フランのブレンド比率を調整してワインのバランスを取っています。

ブレンド品種として知られるカベルネ・フランですが、カベルネ・フラン100%のワインは熟成によりカシスなどの果実味や土、タバコなどの熟成香を生み出す素晴らしいワインとなります。

>>【ソムリエ監修】カベルネ・フランとは?品種特徴、おすすめ15銘柄も価格別にご紹介!

 

スパイシーな風味を与える【プティ・ヴェルド】

プティ・ヴェルドもボルドーではブレンド品種として使われることが多いです。

その名の由来はフランス語で小さいを意味する「プティ」と、緑を意味する「ヴェルド」の組み合わせからになります。

プティ・ヴェルドの特徴は、黒系ベリーやスパイス、チョコレートを思わせる香りと、濃厚な果汁の色合いです。

メドックでは主にカベルネ・ソーヴィニヨンを主体としたワインに、数パーセントの割合でプティ・ヴェルドがブレンドされます。

3~5%の割合でブレンドされることが多いですが、わずかな量でもワインに深みと複雑さを加えます。

メドックワインを見る▶︎

メドックワインの格付けとは

ワインの格付けとは?

ワインの格付けとは何か知っていますか?

簡単に言うと、シャトー(ワインの醸造所)にランク(格付け)をつけたものです。公式につけられているため、品質の良いワインを見極める指標になります。

フランスには各ワイン生産地域にいくつかの格付け制度が存在します。

とりわけボルドー地方には格付け制度が多く、さらに中でも最も歴史が古く世界的に有名な格付けが「メドックの格付け」です。

メドックの格付けの歴史

フランスボルドー地方・メドック地区の格付けは1855年に制定

同年のパリ万国博覧会に出品するボルドーワインを決めるため、時の権力者であるナポレオン3世の命により格付けが行われたと言われています。

限られた時間の中で格付けの依頼を受けたボルドー商工会議所は、その時に担当していたメドック地区のシャトーを格付けの対象としました。

当時の流通価格をベースに格付けを決定し、第1級〜第5級の5階層に格付けが公表されました。

格付は1855年の制定から例外を除いて変更されることはなく、150年以上変わらない品質をメドックのワインは維持しています。

メドックの格付けの仕方

現在メドック地区の61のシャトーが第1級〜5級に格付けされています。

格付けの内訳は以下の通りです。

 

メドック格付けシャトー

第1級格付け(合計5シャトー)
第2級格付け(合計14シャトー)
第3級格付け(合計14シャトー)
第4級格付け(合計10シャトー)
第5級格付け(合計18シャトー)

数字が低いほど高品質のワインを作ることができると認められており、最も格付けの高い第1級のシャトーは通称「5大シャトー」と呼ばれます。

5大シャトーはワイン業界でもトップクラスの知名度を誇り、世界中で高値で取り引きされる大変人気のあるワインを生み出しています。

>>【ソムリエ執筆】五大シャトーとは?値段から当たり年まで徹底解説

メドックワインを見る▶︎

メドックのワインの産地について

メドックはどこにある?

メドックはフランスのボルドー市街地の北に位置します。

比較的温暖な海洋性気候で、砂利が多く水はけの良い土壌は主体ぶどう種であるカベルネ・ソーヴィニヨンの栽培に最適です。

実はメドックと言っても2つあります。メドック地区サンテステフ村から上流域(南側)をオー・メドック、それより下流域をメドック(旧バ・メドック)と言います。

高品質ワインと言われメドックの名を名乗ることができるのはオー・メドックの方のワインです。

しかし旧バ・メドックのワインも品質が悪いというわけではなく、オー・メドックに負けないくらいの品質のワインを生み出しています。

オー・メドックのワインに隠れてはいますが、旧バ・メドックのワインも味わってみるのもおすすめです。

メドックのテロワール

メドックが世界有数のワイン産地といえる理由は、そのテロワールにあります。

テロワールとはフランス語で「土地」を意味し、ワイン業界においては特定の地域の気候、土壌、地形、そして文化によって形成されるワインの風味や性質を表す言葉です。

メドック地区はジロンド川の左岸に位置し、地元の気候は海洋性で暑すぎず寒すぎず、そして比較的高い降水量が特徴

これによりブドウはゆっくりと成熟することができ、風味と酸度を適切に保つことができます。

地形的にはメドックは主に砂利の丘からなる地形で、この砂利質の土壌はワイン造りにとって非常に重要な役割を果たします。

砂利は昼間に太陽の熱を蓄え、夜間にそれをゆっくりと放出するため、ブドウが夜間も適度な温度で成熟を続けることができます。

メドック地区でカベルネ・ソーヴィニヨンの栽培が盛んなのは、この熱を保持できる土壌が晩熟型のカベルネ・ソーヴィニヨンにとって適した条件であるためです。

また、砂利質の土壌は水はけが良いため、ブドウの根が深くまで伸び、必要な栄養素を吸収するのに適しています。

ブドウが根を深く伸ばすことで、地中に眠る豊富なミネラル分をブドウが蓄え、それがワインにも複雑性や奥行きを与えるのです。

メドックではなぜ長期熟成型の良質な赤ワインが生み出されているのか。

それはメドックの持ついくつかのテロワールの要素が組み合わさった結果と言えるでしょう。

メドックの当たり年

ワインの世界には「当たり年」というキーワードがあります。

ワインは生鮮食品であるブドウを原料としているため、ワインの出来はブドウの出来に大きく左右されるのが特徴です。

ブドウの出来栄えは天候によって左右されるために、天候の恵まれた年のブドウを使って仕込まれたワインのことを「当たり年」と呼ぶのです。

こちらでメドック地区の当たり年と呼ばれている年代をご紹介します。(メドック地区を含むボルドー地方全体の当たり年のご紹介となります。)

 

メドック地区の当たり年

・1961
・1982
・1983
・1986
・1989
・1990
・1995
・2000
・2005
・2009
・2010
・2015
・2016

メドックの産地ごとの特徴

メドックは北からいくつかの産地が分散しています。

 

メドックのワイン産地
・サンテステフ村
・ポイヤック村
・サン・ジュリアン村
・ムーリス村
・リストラック・メドック村
・マルゴー村

産地ごとに土壌が異なるため、造られるワインは産地ごとの個性があります。

 

柔らかい酸としっかりした渋みのワイン【サンテステフ村】

柔らかい酸としっかりした渋みのワイン サンテステフ村。

サンテステフ村はフランスのボルドーワインの中でも特に名高い地域の一つです。

サンテステフのテロワールは、一般的に石が混ざった砂利質の土壌で、その下には粘土層が存在します。

これは特にカベルネ・ソーヴィニヨンが良く育つ環境の典型です。

特徴は柔らかい酸と、タンニンの多いしっかりとした渋み。

一般的なメドックのワインよりも強い色調があります。

サンテステフのワインはその強力な構造と深みのある味わいから、しっかりとしたタンニンと長期熟成のポテンシャルを持つことで知られています。

 

5大シャトーが集中している【ポイヤック村】

ポイヤック村はメドックでも有数の銘醸地として人気です。

ポイヤックの土壌は多くの石と砂利を含んでおり、日中に石が吸収した熱を夜に放出し、ブドウの完熟を助けます。

ポイヤック村のワインは一般的にパワフルで、その味わいにはブラックベリーやプラム、スパイスやタバコの風味が含まれ、非常に高い熟成のポテンシャルを持ちます。

5大シャトーのうちラフィット、ムートン、ラトゥールの3シャトーが集中しており、高品質なワインを多く出している産地です。

 

気品のある優雅なワイン【サン・ジュリアン村】

サン・ジュリアン村は、2つの異なる土壌を持った産地です。

北側は粘土質の土壌のためふくよかで厚みのあるワインが生産されます。

一方で、南側はメドックの特徴である砂利質の土壌です。

サン・ジュリアンのワインは、カベルネ・ソーヴィニヨンの力強さとメルローの丸みを兼ね備えています

他のメドックの産地よりも飲み頃を迎えるのが早く、比較的リーズナブルなお値段で楽しむことができるでしょう。

 

濃厚な長期熟成ワイン【ムーリス村】

ムーリス村は知る人ぞ知るメドックの隠れた産地。

格付けシャトーがないためメドック地区の中での認知度は低いですが、年々ワインの完成度が高まっており注目を集めています。

そんなムーリス村で生産されるワインは力強い果実味と、渋味のしっかりとした濃厚さが特徴。

コスパに優れたメドックワインを飲むのならぜひ今のうちに。

 

早熟タイプのワインが多い【リストラック・メドック】

リストラック・メドックはメドック地区の北部に位置し、やや涼しい気候が特徴。

そのため、カベルネ・ソーヴィニヨンよりもメルローの栽培に適しています。

ムーリス村とほぼ同じ地形・土壌、使用するぶどう品種や栽培方法も似ています。

しかし、ムーリスと比べるとメルローの比率が高く、早熟タイプのワインが多いです。

リストラック・メドックのワインは丸みがありフルーティーで、長期熟成せずとも美味しいワインに仕上がります。

 

華やかで女性的なワイン【マルゴー村】

マルゴー村はメドック地区において「女性的」と表現される産地です。

格付け1級のシャトー・マルゴーがあることで、マルゴー村の知名度は高くなっています。

マルゴー村の大きな特徴は様々なタイプの土壌が入り混じっていること。

砂利や砂、粘土、石灰などがあるほか、砂利だけでも白や黄色、灰色など多様性に富んだ土壌を有しています。

これら複数の土壌で栽培されるカベルネ・ソービニヨンやメルローをブレンドすることで、気品ある香りや繊細な酸味が織りなす複雑性を生み出すのです。

よりエレガントなメドックワインを飲みたい方はマルゴー村をおすすめします。

メドックワインの歴史

メドック地区で本格的にワイン造りが始まったのは16~17世紀頃からと考えられています。

オランダ商人との交流が進む中、砂利だらけの湿地帯であったメドックに灌漑技術が伝わり、作物を育てることのできる環境整備が進みました。

これらの開発によりメドック地区はワイン生産に適した土地となります。

18世紀に入るとフランスは国外との貿易が盛んになり、ボルドー市は港湾都市として栄えることになりました。

この時にボルドー市に拠点を置いていた貴族たちは、せわしないボルドー市の街中から逃れるように郊外に邸宅(シャトー)を立て、そこでワイン造りを始めるようになります。

貴族が生産する高品質なワインがメドックを中心に徐々に生まれはじめ、さらにそのワインはイギリスで大流行してワインの輸出ビジネスが発展

それから時は経ち、1789年のフランス革命によってシャトーは一時政府に没収されますが、後にシャトーは競売にかけられ貴族や銀行家など資本家の手にわたることになります。

19世紀に入るとパリとボルドーを結ぶ鉄道が開通し、ボルドーのワインはパリという大きな市場を獲得することに。

さらに1855年のパリ万博でお披露目となった「メドックの格付け」により、メドックのワインは世界からも大きな注目を集めることとなりました。

ワインを輸出しやすくなったメドックでは、ワインの品質向上のためにブドウ栽培やワイン醸造技術の改革、設備投資がより一層進むことになります。

このように、メドックの歴史はビジネスと共に発展してきた側面が大きな特徴です。

メドックの有名なワイン銘柄

[PR]
フルボトル(750ml)の高級ワインには、

  •  ・高い
  •  ・飲み切るのが大変
  •  ・他と比較できない

という悩みがありますよね。
ホームワインは高級ワインが100mlで4本ずつ届くから、ワインの違いをわかりたい方にオススメ。本サイトの編集長ソムリエ佐々木が監修した学習コンテンツや、2023年にスタートしたソムリエによるコンシェルジュサービスも大人気。
ワインをもっと楽しむために、始めない理由がありません!▼

ホームワインを詳しく知る!

※販売数には限りがございますので、売り切れの際は何卒ご容赦ください。

 

 

次の1杯がすぐ飲みたくなる!『ル・オーメドック・ド・ジスクール』

ディーンハイマー・シュロス Q.b.A 2015

詳細情報
味わい フルボディ
産地  フランス、ボルドー地方、オー・メドック地区
品種 カベルネ・ソーヴィニヨン50%、メルロー50% (ヴィンテージにより多少に変動あり)

マルゴー第3級格付けのシャトー『ジスクール』の精鋭スタッフが作る別蔵赤ワインです。

『神の雫』でも「次の1杯をすぐ飲みたくなる素敵なワイン」と紹介されているため、ワイン好きな方なら知っている方もいるのでは?

ジスクールの華やかな味わいはそのままですが、価格はジスクールの半分以下!コストパフォーマンスが高くおすすめの1本です。

辛口フルボディの赤ワインで、たっぷりの果実味があり、熟成香と繊細な味わいが特徴。

かすかなスパイシーさもあり、甘いベリー系の香りとオレンジの皮やカラメルがほどよく共存して複雑な香りがします。

味わいブドウ品種産地
フルボディカベルネ・ソーヴィニヨン50%、メルロー50%マルゴー村

 

香りブラックチェリー、クローブ
酸味★★★★☆
ボディ★★★★★
渋み★★★★★
佐々木
凝縮感あるブラックチェリーのアロマを軸に、親しみやすく丸みを帯びたタンニンが心地よい一本。マルゴー村らしいしなやかな味わいが堪能できます。

凝縮された果実味と酸味の『レ・ザルム・ド・ラグランジュ』

2015 レ ザルム ド ラグランジュ ボルドー ブラン

詳細情報
味わい 辛口
産地 フランス/サンジュリアン
品種 ソーヴィニヨン・ブラン60%、ソーヴィニヨン・グリ20%、セミヨン20%

サンジュリアン村の第3級格付けのシャトー『ラグランジュ』が作る白ワイン。

味わいが強い辛口ワインは時に赤ワイン以上の高い評価を受けることもあります。

この『レ・ザルム・ド・ラグランジュ』は品種特有のハーブや柑橘系のさわやかな香りが特徴的な、辛口白ワインです。

口に入れた瞬間、果実の風味としっかりとした酸味が広がります。

辛口の濃い味が好きな方にはぜひ飲んでいただきたい1本です!

味わいブドウ品種産地
 辛口ソーヴィニヨン・ブラン60%、ソーヴィニヨン・グリ20%、セミヨン20%サンジュリアン村

>>その他おすすめのメドック白ワインはこちら

 

香りグレープフルーツ、白い花
酸味★★★★★
ボディ★★★☆☆
佐々木
ボルドーブランの入門編とも言うべき一本。シャトー・ラグランジュは赤しか飲んだことないという方はぜひお試しください。

メドックはフランス最高品質のワインが集中した産地!

一口にメドックのワインといっても産地などによって様々な特徴がありますが、熟成された酸も渋みも強い味わいというのがメドックワイン共通の特徴です。

重くがっしりとしたフルボディが好きな方にはたまらないワインとなっています。

150年以上品質を保っている最高級のメドックワインをぜひ味わってみてはいかがでしょうか。

ボルドーのワインに興味のある方はぜひ以下の記事もご覧ください

>>【ソムリエ監修】ボルドーワインの特徴を徹底解説!産地の特徴、選び方、おすすめ銘柄もご紹介

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

【ソムリエ監修】オーストラリアワインを解説!おすすめ銘柄も紹介

オーストラリアワインはリーズナブルなデイリーワインから、ペンフォールズやデ・ボルトリなどの有名ワイナリーまで様々

【ソムリエ監修】モーゼルワインの人気おすすめ12選!特徴や品種も解説

モーゼルはドイツのワイン生産地の中で5番目の規模を持っており、かつもっとも古い産地であると言われています。

【ソムリエ監修】イタリアワインの特徴は?品種から有名銘柄まで完全解説

長靴の形をしたワイン大国、イタリア。南北に長く、3方を海に囲まれた恵まれた環境から、「エノトリアテルス」(ワイン

【ソムリエ監修】カリフォルニアワインの特徴を解説!人気の理由やおすすめ銘柄をご紹介!

ワインにおけるニューワールドの筆頭とも言えるのが、年間の生産量が世界第4位とヨーロッパ諸国に次いで多いアメリカで

ニュージーランドの人気おすすめワイン12選!特徴や選び方も解説

ニュージーランドは、日本と同様、島国で、その美しい景観から観光地としても人気があります。 ワイン産地として

【ソムリエ厳選】アルゼンチンワインのおすすめ銘柄12選!産地や各ワインの特徴も解説!

アルゼンチンのワインというと、マルベックの赤ワインのイメージが強いですね。 ただ、アルゼンチンワインについて、

【ソムリエ監修】ブルゴーニュワインの特徴は?人気おすすめ10選も紹介

テロワールの魅力が最大限に引き出される唯一無二のブルゴーニュワイン。 その香りや味わい、しなやかな質感に魅

【ソムリエ監修】ヴェネト州のワインとは?産地の特徴を品種を解説

ヴェネトは水の都ヴェネツィアを州都とする観光名所。 ワインの生産量はイタリアトップで、ソアヴェやアマローネ

【ソムリエ解説】日本ワインを徹底解説!魅力や特徴、選び方や飲み方について詳しくご紹介

最近日本で造られたワインも世界で注目を浴びています。日本ワインの味わいの特徴としては、日本の伝統的な料理と同じく

【ソムリエ監修】ボルドーワインの特徴を徹底解説!産地の特徴、選び方、おすすめ銘柄もご紹介

ボルドーと言えば、誰もが知るワインの世界的ワイン名産地。 今回は、今回はそんなボルドーのワイン産地、品種、

【ソムリエ監修】メドック地区のおすすめ白ワイン23選!産地の特徴や選び方も解説!

フランスのボルドー地方にあるメドック地区は、世界でも有数のワイン産地です。 特に赤ワインで有名な産地ですが

【ソムリエ監修】ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルトを徹底解説

ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルトは、フランス・ボルドーを代表する一大ワイナリーです。 5大シャトーである

【ソムリエ監修】メドック地区のおすすめ人気赤ワイン15選!

最高級の赤ワイン生産として名高いフランス・ボルドー地方のメドック。 メドックは格付け制度により高品質な赤ワ

特集記事

日本酒スキンケア用品ランキング6選!併せて楽しめる日本酒もご紹介!

人気おすすめの純米酒ランキング31選!選び方や美味しい飲み方も紹介

【ソムリエ厳選】おすすめの赤ワイン20選!選び方・飲み方も解説!

リキュールとは?種類から、おすすめのリキュール一覧、飲み方まで徹底解説!

【編集部厳選】おすすめの高級焼酎25選!人気のプレミアム焼酎を厳選!

TOP