【ソムリエ厳選】アメリカのおすすめ人気白ワイン20選!特徴を徹底解説

2020/12/22 おすすめ白ワイン

アメリカといえばパワフルな赤ワインのイメージが強いですが、白ワインの名産地でもあります。

アメリカの白ワインは風味が非常に華やかで、ボリュームのある味わいが魅力です。

今回はアメリカの白ワインの特徴、種類の解説から、おすすめ銘柄をソムリエがご紹介します。


記事の執筆者

佐々木 健太

J.S.A. ソムリエ・エクセレンス

ソムリエ/年間受講者数日本一を誇るカリスマワインスクール講師  21歳でソムリエ資格を取得。南フランスにある一つ星レストラン「Keisuke Matsushima」にて研鑽を積み、帰国後は南青山「L’AS」を経て、株式会社WINE TRAILを創業。ワインのサブスク「HOME WiNE」を手掛ける。YouTubeチャンネル「ソムリエ佐々木」を運営。第9回全日本最優秀ソムリエコンクールファイナリスト。https://homewine.jp/

アメリカの白ワインの特徴

アメリカの白ワインにはどんな特徴があるのでしょうか。

こちらでその特徴について3つに分けてご紹介します。

リッチな味わいの白ワイン

アメリカの白ワインの大きな魅力は、果実味豊かでリッチな味わいです。

主に栽培されている白ブドウは、シャルドネやソーヴィニヨン・ブラン、リースリングなど世界的にメジャーな品種となります。

アメリカで栽培されるこれらのブドウは、ヨーロッパで栽培されるものよりも華やかでふくよかな仕上がりとなります。

その違いを生み出しているのは、アメリカのテロワール(気候風土)です。

アメリカの一大ワイン産地であるカリフォルニアは、ワイン産地としては南部に位置していますが、海沿いに面しているために海風が冷涼な気候をもたらします。

そのため、太陽の光をさんさんと浴びたブドウは十分に熟し、なおかつ適度な酸味がブドウに生まれるということになります。

また、アメリカの白ワイン、特にシャルドネはオーク樽で熟成されるものが少なくありません。

食文化の影響からかアメリカでは派手な味わいのワインが好まれることもあり、白ワインであってもバニラやクリームのような風味を持つ銘柄が多くあります。

早飲みタイプが多い

アメリカの白ワインはすぐに飲んで美味しい早飲みタイプのワインが多くあります。

ヨーロッパのワインのようにある程度の熟成が必要なアイテムよりも、購入して直ぐでも充分楽しめる白ワインが多いです。

アメリカの西海岸はよく熟したブドウが栽培されるため、仕込んだ段階でワインはフルーティーで豊かな味わいを持っています。

また、アメリカのワインの特徴である「樽熟成」にも秘密があります。

樽熟成に使用される「アメリカンオーク」は、バーボンウイスキーなどにも使われる樽材です。

ヨーロッパの樽熟成に使用されるフレンチオークよりも、アメリカンオークはココナッツやトーストを思わせる濃厚な香りが出やすくなっています。

そのため短時間の熟成でワインに樽の風味が移ることから、アメリカの白ワインは早飲みタイプであると言えます。

小規模・高品質にこだわる「ブティックワイナリー」

アメリカには「ブティックワイナリー」と呼ばれる高品質・少量生産を目指すワイナリーが多くあります。

ブティックワイナリーがアメリカに台頭し始めたのは1970年代。

それまでは大量生産・大量消費のワインを生産していたアメリカの中に、生産量を抑えて品質を追い求めるワイナリーが登場します。

カリフォルニアワインの父とも称えられる「ロバート・モンダヴィ」は、ブティックワイナリーの先駆けとして有名です。

現在アメリカワインの銘醸地として知られるナパヴァレーで特にその動きが見られ、ブティックワイナリーたちは非常に高品質なワインを生み出すようになりました。

その後の品質向上は目ざましく、1976年の「パリスの審判」をきっかけにカリフォルニアワインは世界から一気に注目を集めることとなります。

フランスワインとカリフォルニアワインのブラインドテイスティングが行われたパリスの審判では、無名のカリフォルニアワインがフランス銘醸地のワインを審査内容で上回るという結果に。

白ワインではフランスワインからはモンラッシェやムルソーなど、ブルゴーニュの超一流ワインがラインナップされていたのにも関わらず、このようなワイン業界きっての番狂わせが起こったのです。

ブティックワイナリーのような小規模生産者の生み出す白ワインはリッチでパワフルなだけでなく、ヨーロッパの銘醸地のワインと肩を並べるような繊細で複雑性を持ち合わせています。

アメリカの白ワインの選び方

アメリカの白ワインの選び方をこちらでご紹介します。

ぜひご参考ください。

産地で選ぶ

カリフォルニア

カリフォルニア州はアメリカワインの約8割を産出する一大産地です。

白ワインは豊かなアロマに、果実のボリュームがパワフルなワインが多く造られています。

生産されるワインは、樽香を効かせたふくよかでリッチな味わいのアイテムから、フルーティでミネラル感もあるスッキリ飲みやすいアイテムまで多様です。

テロワール、ブドウ品種・造り手のスタイルが融合した多彩なワインを生み出しています。

王道のアメリカワインらしさを味わいたい方はカリフォルニアを選ぶと良いでしょう。

>>【ソムリエ監修】カリフォルニアのおすすめ白ワイン15選!特徴の選び方を解説

 

オレゴン

オレゴン州は全米で一番厳しいワイン法で知られており、世界基準以上のクオリティーで栽培や醸造が行われています。

また州全体の約40%にも及ぶブドウ農家がオーガニックの認定を受けているのも特徴。

白ワインは通常の辛口スティルワイン、スパークリングワイン、生産量としては少ないながらもレイトハーベストなどの甘口ワインも造られています。

オレゴンの白ワインはバラエティー豊富なところが魅力と言えます。

>>【ソムリエ厳選】オレゴンのおすすめ白ワイン10選!選び方のコツも解説

 

ワシントン

晴れの日が圧倒的に多く、年間で見ても300日は晴天のワシントン州。

夏場はカリフォルニアと同じ位気温が上がり、ブドウの生育期間中はカリフォルニアよりも2時間ほど日照時間が長くなります

そのため果実味が非常に高いワインに仕上がります。

更に昼夜の寒暖差が激しく、ナチュラルな酸と円熟味を増した味わいとなります。

豊かな果実味と爽やかな酸とのバランスが素晴らしいワシントン州の白ワインは、世界的にも評価が高まっており注目されています。

>>【ソムリエ厳選】ワシントンのおすすめ白ワイン10選!選び方のコツも解説

 

ニューヨーク

ニューヨーク州のワイン生産量はワシントン州に続いて全米第3位です。

夏場は蒸し暑く冬場は非常に寒いので、産地は五大湖周辺に集中しています。

近年、個性豊かなワインを造る新しいワイナリーが増えており、品質や世界的な評価も上がっています。

白ブドウはリースリングとシャルドネを盛んに栽培しています。

 

品種で選ぶ

シャルドネ

アメリカの白ワインを代表する銘柄がシャルドネです。

シャルドネはブドウ品種としてはこれと言って特徴がないので、テロワールや造り手の意向、醸造方法によって味わいは大きく変わります

世界各地でシャルドネは栽培されている品種ですが、そのほとんどが辛口です。

アメリカのシャルドネは、フランスよりも日照時間に恵まれており、トロピカルフルーツのような果実味が出やすくなります。

さらに樽熟成が行われることで、全体的に甘みも感じるまろやかでコクのあるパワフルな味わいに仕上がります。

リッチで華やかなアメリカらしい白ワインを飲みたい方はぜひシャルドネを。

>>【ソムリエ監修】シャルドネの人気おすすめワイン30選!特徴を徹底解説

 

ソーヴニヨン・ブラン

清涼感のある柑橘の香りといきいきとした酸味が特徴のソーヴィニヨン・ブラン

アメリカのソーヴィニヨン・ブランは大変多彩です。

青草の香りが心地よいフレッシュで爽やかなスタイル、果実のヴォリューム感に深みのある味わいで酸味が穏やかなスタイル、樽香を効かせ複雑さも兼ね備えたエキゾティックでリッチな味わいスタイル、などが挙げられます。

全体的には若いうちから愉しめる早飲みワインが主流です。

爽やかな白ワインが好みの方はソーヴィニヨン・ブランを選ぶと良いでしょう。

>>【ワイン教養】ソーヴィニョン・ブランとは?品種特徴や味わい、おすすめ銘柄までご紹介!

 

リースリング

リースリングはドイツ原産の高貴なブドウ品種。

リースリングは甘口から辛口まで造られており、総じて鋭い酸とフローラルなアロマ、力強い果実味が特徴です。

リースリング特有の香りとして、ペトロール香(石油などのオイル香)が挙げられます。

アメリカ最大のリースリング生産地域はワシントン州です。

フローラルで杏子や白桃などの香りが特徴として出やすく、爽やかな柑橘系の味わいに仕上がる傾向があります。

>>【ソムリエ監修】リースリングとは?おすすめ15選や特徴を解説!

 

アメリカのおすすめ白ワイン20選

今回は比較的購入しやすい3,000円未満の白ワインを中心に紹介していきます。

というのも、市場に出回っているアメリカの白ワインのボリュームゾーンが3,000円未満です。

ランキングは代表的な品種ごとにわけています。白ワインの購入で迷っていたらぜひ参考にしてください。

予算3,000円シャルドネベスト5

商品画像フランシス コッポラ ディレクターズ カット シャルドネエイリアス  シャルドネキング エステート シャルドネアイヴォリー&バート シャルドネダークホース シャルドネ(白)
商品名フランシス コッポラ ディレクターズ カット シャルドネエイリアス  シャルドネキング エステート シャルドネアイヴォリー&バート シャルドネダークホース シャルドネ(白)
詳細度数:14.1 %
味わい:辛口
産地:アメリカ合衆国
品種:シャルドネ
度数:13.7 %
味わい:辛口
産地:アメリカ合衆国
品種:シャルドネ
度数:13.8 %
味わい:辛口
産地:アメリカ合衆国
品種:シャルドネ100%
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

[PR]

ブレッド&バター シャルドネ カリフォルニア
ブレッド&バター シャルドネ カリフォルニア

詳細情報

度数:13.5%
産地:アメリカ、カリフォルニア
品種:シャルドネ

しあわせワイン倶楽部で詳細を見る >

日本国内でも大人気の、リッチなシャルドネワインの代表銘柄が「ブレッド&バター シャルドネ」

銘柄名に恥じないトーストのような香ばしいアロマとバターを思わせるクリーミーさと濃厚な質感が最大の特徴。

クリームを使った料理をはじめ、魚からお肉料理まで幅広くマッチする一品です。

香り黄桃、ヴァニラ
酸味★★★☆☆
ボディ★★★★★

5位

熟した果実のような深いまろやかさとコクのある味わいの骨太の白ワイン。

華やかな香りが特徴のヴィオニエとゲヴュルツトラミネールのブレンドが香りに深みを与えています。

シャルドネの飲みやすさに華やかな香りが加わり、料理にも合わせやすい白ワインです。

毎晩の食事に合わせても、食事後の軽い一杯にも、十分な満足感が得られるでしょう。

産地ブドウ品種
カリフォルニア州シャルドネ主体

 

香り白桃、洋梨
酸味★★★☆☆
ボディ★★★☆☆
佐々木
ニュートラルなシャルドネの風味に、アロマティックを代表する品種を2つブレンドすることで、バランスの取れた華やかな仕上がりになっています。

4位

アイヴォリー&バート シャルドネ

詳細情報
度数:13.8 %
味わい:辛口
産地:アメリカ合衆国
品種:シャルドネ100%

日系人デイヴィット・アキヨシ氏が醸造責任者を務めるワイナリーです。

ブドウはローダイ、セントラルヴァレーから収穫された熟度の高いものを使用。

アメリカンオークを使った軽快な樽香は南の果実の香りを連想させます。

飲み飽きさせないモダンな造りのカリフォルニアワインです。

産地ブドウ品種
カリフォルニア州シャルドネ

 

香り黄桃、メロン
酸味★★★☆☆
ボディ★★★★☆
佐々木
完熟した南国フルーツやストーンフルーツのボリューム感あふれる一本。ヴァニラやココナッツのほのかな甘やかさも特徴的です。

3位

オレゴンの上質なシャルドネで造られた白ワインは、飲んだ後の余韻がとても長くてまろやか。

樽発酵由来のロースト香もしっかりあり、桃やメロンを感じる完熟した甘さと酸味が魅力的な一本です。

産地ブドウ品種
オレゴン州シャルドネ

 

香りメロン、トースト
酸味★★★★☆
ボディ★★★☆☆
佐々木
カリフォルニアよりも一段と上品な印象に仕上がるオレゴンのワイン。果実味と樽香のバランスなど、旧世界を彷彿とさせるエレガンスさがあります。

2位

エイリアス  シャルドネ

詳細情報
度数:13.7 %
味わい:辛口
産地:アメリカ合衆国
品種:シャルドネ

エイリアスは、カリフォルニアの有名ワイナリーに所属している8名の醸造家によって興された匿名のワイナリーです。

普段は高額なカルトワインを手掛ける彼らは、家庭のテーブルでも楽しめる価格の上質なワインを作るという意思の下に集結しました。

品種以外、すべての情報は謎に包まれていますが、濃厚な味わいから価格以上の満足感が得られることと思われます。

産地ブドウ品種
カリフォルニア州シャルドネ

 

香りパイナップル、ヴァニラ
酸味★★★☆☆
ボディ★★★★☆
佐々木
メロンやパパイヤ、パイナップルのジューシーな果実味と甘やかで香ばしい樽香が魅力的。その味わいは5,000円台のワインにもスケール感で引けを取りません。

1位

フランシス コッポラ ディレクターズ カット シャルドネ

詳細情報
度数:14.1 %
味わい:辛口
産地:アメリカ合衆国
品種:シャルドネ

特徴的なエチケットに目が留まるカリフォルニアのシャルドネです。

かつてアカデミー賞のオフィシャルワインに選ばれたこともある実力派の一本。

ロシアンリヴァー・ヴァレーの冷涼な気候を活かした、心地よい酸を感じられる白ワインです。

産地ブドウ品種
カリフォルニア州シャルドネ

 

香り白桃、トースト
酸味★★★★☆
ボディ★★★☆☆
佐々木
カリフォルニア5本の指に入る冷涼地である、ロシアンリヴァー・ヴァレーの一品。冷涼産地ならではの綺麗で伸びやかな酸を持った仕上がりです。

予算3,000円のソーヴィニヨン・ブラン ベスト5

商品画像ヘッジス ファミリー エステート ヘッジス CMS ソーヴィニヨン ブランドメーヌ・セント・ジョージ ソーヴィニョン・ブラン カリフォルニア ペッパーウッド・グローヴ ソーヴィニヨンブランコロンビア・クレスト ツーヴァインズ・ソーヴィニヨン・ブランベリンジャー・ヴィンヤーズ カリフォルニア・ソーヴィニヨン・ブラン
商品名ヘッジス ファミリー エステート ヘッジス CMS ソーヴィニヨン ブランドメーヌ・セント・ジョージ ソーヴィニョン・ブラン カリフォルニアペッパーウッド・グローヴ ソーヴィニヨンブランコロンビア・クレスト ツーヴァインズ・ソーヴィニヨン・ブランベリンジャー・ヴィンヤーズ カリフォルニア・ソーヴィニヨン・ブラン
詳細
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

5位

ベリンジャー・ヴィンヤーズ カリフォルニア・ソーヴィニヨン・ブラン

完熟のオレンジにレモンやパイナップルを足したような、まるでパッションフルーツのようなキリッとした甘酸っぱさが際立つ白ワイン。

すっきりとした後味は様々な料理と相性抜群です。

産地ブドウ品種
カリフォルニア州ソーヴィニヨン・ブラン

 

香りパパイヤ、ハーブ
酸味★★★★★
ボディ★★★☆☆
佐々木
温暖な産地のソーヴィニョン・ブランに由来する果実味のボリューム感とハーブ感の控えめな仕上がり。ただ味わいはフレッシュですので、前菜と相性抜群です。

4位

コロンビア・クレスト ツーヴァインズ・ソーヴィニヨン・ブラン

鮮やかな果実が弾けるようなすっきりとした若々しい味わいの白ワインです。

爽快感がある口当たりはさっぱりした料理にもこってりした料理にも合います。

産地ブドウ品種
ワシントン州ソーヴィニヨン・ブラン

 

香りグースベリー、グレープフルーツ
酸味★★★★★
ボディ★★☆☆☆
佐々木
すっきり清涼感のあるソーヴィニョン・ブランらしさありつつ、どこか柔らかさもある美味な一本。食前酒から食中酒まで幅広く寄り添ってくれます。

3位

ペッパーウッド・グローヴ ソーヴィニヨンブラン

口当たりが非常に軽く、雑味が少なくクリーンで爽やかな味わいです。

すっきりとしたファーストアタックの後に果実の旨味と程良い酸味が現れ、若干の苦味を残しながらもさっと喉を通っていく、まるで風のような爽やかさがあります。

産地ブドウ品種
カリフォルニア州ソーヴィニヨン・ブラン

 

香りハーブ、シトラス
酸味★★★★☆
ボディ★★☆☆☆
佐々木
グレープフルーツとレモングラス、そして微かに感じるシダの香りが特徴的。伸びやかな酸がクセになる一本です。

2位

ドメーヌ・セント・ジョージ ソーヴィニョン・ブラン カリフォルニア

若草の絨毯を歩いた時のような鮮やかな青草のアロマに、柑橘系の甘酸っぱい香りのアクセントが加わったワイン。

グレープフルーツのようなフレッシュな味わいが特徴で最後まで爽やかです。

産地ブドウ品種
カリフォルニア州ソーヴィニヨン・ブラン

 

香りグレープフルーツ、フェンネル
酸味★★★★★
ボディ★★☆☆☆
佐々木
溌剌としたシトラスやグレープフルーツの風味に、清涼感と深みを演出するハーブ香が魅力的。カルパッチョやフレッシュサラダと一緒にお召し上がりください。

1位

ヘッジス ファミリー エステート ヘッジス CMS ソーヴィニヨン ブラン

ソーヴィニヨン・ブラン82%にシャルドネ15%マルサンヌ3%を加え、酸味を強調しつつもまろやかさとスパイシーさを兼ね合わせたバランスのとれた1本です。

洋梨のようなすっきりとした香りと、爽やかなハーブのようなテイストを持ち、どのシーンにも合わせやすいワインです。

産地ブドウ品種
ワシントン州ソーヴィニヨン・ブラン主体

 

香り白桃、スパイス
酸味★★★★★
ボディ★★★☆☆
佐々木
ソーヴィニョン・ブランにマルサンヌを少量ブレンドした面白い作り。溌剌さがありつつ、丸みとスパイシーさを備えた魅力的な仕上がりです。

予算3,000円リースリングベスト 5

商品画像スタインヒューゲル リースリングウェンテ ヴィンヤード セレクション リヴァバンク・リースリングフォリス・ヴィンヤーズ・ワイナリー フォリス リースリング ログ・ヴァレーケンダル・ジャクソン ヴィントナーズ・リザーヴ リースリングスワロー リースリング
商品名スタインヒューゲル リースリングウェンテ ヴィンヤード セレクション リヴァバンク・リースリングフォリス・ヴィンヤーズ・ワイナリー フォリス リースリング ログ・ヴァレーケンダル・ジャクソン ヴィントナーズ・リザーヴ リースリングスワロー リースリング
詳細味わい:辛口
産地:アメリカ合衆国
品種:リースリング
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

5位


ほんのり甘く、ピーチやアプリコットのような果実味がある白ワイン。

しっかりとした酸味がありますが、後から膨らむほのかな甘さがちょうどいいバランスで、一度飲みはじめると癖になります。

産地ブドウ品種
オレゴン州リースリング

 

香りカリン、ハニーサックル
酸味★★★★★
ボディ★★☆☆☆
佐々木
シトラス系の果実味と白い花々の香りが魅力的。ほのかな甘さとクリスピーな酸味のバランスも絶妙です。

4位

ケンダル・ジャクソン ヴィントナーズ・リザーヴ リースリング

ハチミツやアプリコットのようなすっきりした香りに、リースリング特有の果実味がマッチしています。

モントレーの畑のブドウを98%使用。スパイシーな風味も感じられる繊細で複雑な味わいです。

産地ブドウ品種
カリフォルニア州リースリング

 

香り洋梨のコンポート、アカシアの蜜
酸味★★★★★
ボディ★★☆☆☆
佐々木
冷涼なモントレーの地にて造られたミネラルも豊富な一本。繊細な中にも芯のある力強さを感じます。

3位

フォリス・ヴィンヤーズ・ワイナリー フォリス リースリング ログ・ヴァレー

リースリングの良さであるりんごや桃のような柑橘系のアロマに、ミネラルのフレーバーを感じられます。

奥行きのある味わいの豊かさを感じる事ができる1本です。

産地ブドウ品種
オレゴン州リースリング

 

香り白桃、りんご
酸味★★★★★
ボディ★★☆☆☆
佐々木
白桃の香りに、花やハチミツの甘い香りが交じり合う一本。冷涼産地オレゴンならではのシャープな酸も印象的です。

2位

ウェンテ ヴィンヤード セレクション リヴァバンク・リースリング

ライチやハチミツといったフルーティでありながら爽やかさがある香りと、酸味と甘みのバランスがとれています。

辛口ながらもまろやかさがあり、とても飲みやすい一本です。

産地ブドウ品種
カリフォルニア州リースリング

 

香り青リンゴ、ジンジャー
酸味★★★★★
ボディ★★☆☆☆
佐々木
リースリング特有の優しい甘みとシャープな酸のバランスが秀逸。果実味や酒質が柔らかいため、ワイン飲み始めたばかりの人にもおすすめです。

1位

スタインヒューゲル リースリング

詳細情報
味わい:辛口
産地:アメリカ合衆国
品種:リースリング

ドイツから輸入したリースリングクローンを使用しているワインです。

9割ほどはビオディナミ農法によって栽培されたブドウを使用。

溌剌とした酸とミネラル、果実味がバランスよく感じられる一本です。

産地ブドウ品種
カリフォルニア州リースリング

 

香りシトラス、ミネラル
酸味★★★★★
ボディ★★☆☆☆
佐々木
シトラスとストーン・フルーツの果実味あふれる一品。溌剌とした爽快な酸が魚介料理やライトな食事を引き立てます。

プレミアムなアメリカの白ワイン! ベスト5

商品画像ベリンジャー プライベート・リザーブ シャルドネジャクソン・エステート・キャメロット・ハイランズ・シャルドネ ケンダル・ジャクソンザ フェデラリスト シャルドネカレラ シャルドネ マウント・ハーランオー・ボン・クリマ シャルドネ
商品名ベリンジャー プライベート・リザーブ シャルドネジャクソン・エステート・キャメロット・ハイランズ・シャルドネ ケンダル・ジャクソンザ フェデラリスト シャルドネカレラ シャルドネ マウント・ハーランオー・ボン・クリマ シャルドネ
詳細度数:14.5 %
味わい:辛口
産地:アメリカ合衆国
品種:シャルドネ
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

5位

「ABC」と呼ばれるカリフォルニアのトップワイナリーのひとつ「オー・ボン・クリマ」。

アメリカンオーク樽を使い樽熟させているので、樽由来のバニラのような香とすっきりとした甘さがエレガント。

特別な日にふさわしいと1本です。ボトルもおしゃれで特別感があります。

産地ブドウ品種
カリフォルニア州シャルドネ

 

香り白桃、トースト
酸味★★★★★
ボディ★★★☆☆
佐々木
ブルゴーニュを彷彿とさせるスタイルで人気のワイナリー。アメリカンオークとは思えないほど、繊細さと上品さを備え合わせた一品です。

4位

「カリフォルニアのロマネ・コンティ」と呼ばれ、あまりにも有名なカレラ 。

ピノ・ノワールのスペシャリストと評されていていますが、シャルドネも高い評価を獲得しています。

バニラクリームようなアロマと口当たりのなめらさをシャープな酸味が引き締め、キャラメルや桃のようなフレーバーを感じさせながら優雅にフニッシュする逸品です。

産地ブドウ品種
カリフォルニア州シャルドネ

 

香りピーチ、ヴァニラ
酸味★★★★☆
ボディ★★★★☆
佐々木
白桃や洋梨といった上品な果実味に綺麗に溶け込んだ樽香。ピノ・ノワールが秀逸なワイナリーですが、シャルドネも目が離せません。

3位

ザ フェデラリスト シャルドネ

詳細情報
度数:14.5 %
味わい:辛口
産地:アメリカ合衆国
品種:シャルドネ

カリフォルニア、メンドシーノカウンティで栽培されたシャルドネを使用した白ワインです。

エチケットにはアメリカ合衆国を象徴する自由の女神がデザインされています。

シュール・リー製法が用いられていて、熟成はアメリカンオークを中心に3種類の樽を使用しています。

柑橘や梨のアロマ、クローブの香りなど複雑な性質をを持っているワインです。

産地ブドウ品種
カリフォルニア州シャルドネ

 

香りパイナップル、ココナッツ
酸味★★★★☆
ボディ★★★★★
佐々木
昨今のエレガントなスタイルのナパ・シャルドネとは違い、従来のように重厚感たっぷりのリッチな仕上がり。バターやクリームを使った料理とお召し上がりください。

2位

ジャクソン・エステート・キャメロット・ハイランズ・シャルドネ ケンダル・ジャクソン

アメリカのみならず世界でも屈指の規模のワイナリー、ケンダル・ジャクソン。

そこで生み出されるワインは次々に賞を獲得し、1990年代に「アメリカで最も受賞数の多いワイナリー」に選ばれています。

芳醇でクリーミーなテイストをもつ重厚感があるシャルドネは深い味わいを醸し出し、特別な日を更に素敵に演出してくれるでしょう。

産地ブドウ品種
カリフォルニア州シャルドネ

 

香り黄桃、ヴァニラ
酸味★★★★★
ボディ★★★★☆
佐々木
黄桃にヴァニラ、クリームブリュレの香りが口中に広がり、豊かなボディとバターのようなまろやかさが特徴的。プレゼントにもぴったりの重厚感を備えています。

1位

ベリンジャーは歴史あるナパ・ヴァレーでも最も古いワイナリーです。

ブドウの植え付けから収穫まで全て自社で行い、徹底管理しています。

このワインは、著名なワイン専門誌「ワインスペクテーター」の「ワインオブザイヤー」にも選ばれたことがあり、根強い人気があります。

バタースコッチ、バニラエッセンスのようなエレガントなフレーバーの余韻が長く続き、愛好家も多い逸品です。

産地ブドウ品種
カリフォルニア州シャルドネ

 

香りバタートースト、ナッツ
酸味★★★★★
ボディ★★★★☆
佐々木
ナパワインを語る上で欠かせないベリンジャー。彼らのエッセンスが詰まった、ナパ・ヴァレーを代表する極上のシャルドネワインです。

アメリカの白ワインの美味しい飲み方

こちらでアメリカの白ワインを美味しくいただく飲み方について解説していきます。

リッチな味わいのワインを最大限楽しむためにも、ぜひご参考ください。

温度にこだわる

白ワインは一般的に冷たく飲むことが推奨されます。

ですが、アメリカの白ワインについては味わいのタイプによって、少し温度を調節すると良いでしょう。

ソービニヨン・ブランやリースリングなど、酸味がいきいきとした辛口の白ワインは、8~10度ぐらいに冷やして飲むのが最適です

柑橘系の豊かなフルーツの風味と、キリリと爽快な酸味やミネラル感を楽しむことができます。

一方、樽熟成を行ったふくよかなワインは10~13度程度と少し温度を高めて飲むと良いでしょう。

樽熟成由来のバニラやクリームのような芳醇な風味やコクをしっかりと味わうことができます。

グラスにこだわる

グラスについては一般的な白ワイングラスを利用することがおすすめします。

白ワイングラスはいわゆるチューリップ型の形状をしており、これぞワイングラスという形のグラスです。

すっきりと爽やかな白ワインは、小ぶりの白ワイングラスで飲むことで冷えたまま爽快な味わいを楽しめます。

一方で、高級感のある白ワインは大ぶりのグラスでゆっくりと飲むのがおすすめ。

樽熟成をしたカリフォルニアの重厚感あるシャルドネは、時間が立つことで味わいや香りに変化が生まれます。

風船のように大きく膨らんだバルーン型のグラスで飲むことで、バニラやココナッツ、トーストなどの濃厚で魅惑的な香りを楽しむことができるでしょう。

料理と合わせる

魚介のカルパッチョ

フレッシュで軽い風味の魚介類のカルパッチョには、軽やかな白ワインがおすすめ。

アメリカの白ワインの中では、爽やかな酸味とフレッシュな果実味を持つソーヴィニヨン・ブランが良く合います。

ソーヴィニヨン・ブランの柑橘を思わせる風味が、カルパッチョの味付けや風味と非常に良くなじみます。

辛口白ワイン×カルパッチョの組み合わせは間違いないので、ぜひお試しを。

チキンのグリル

リッチな味わいのアメリカの白ワインは肉料理とも好相性。

特におすすめなのが淡白さと脂身のバランスが良い鶏肉です。

オーク樽で熟成したカリフォルニアのシャルドネは、ジューシーに焼き上げたグリルチキンと良く合います。

バターやレモン、ハーブの風味をチキンに纏わせることで、シャルドネのふくよかな風味を引き立てあうペアリングとなるでしょう。

白身魚のムニエル

高級なアメリカの白ワインには白身魚のムニエルを。

たっぷりのバターを使ったムニエルは、樽熟成のシャルドネと抜群の相性を誇ります。

両者のコク深い風味が口の中で混ざり合い、お互いの味わいをより一層引き立てあうでしょう。

舌平目やタラ、サーモンなどのほか、ホタテ貝などもおすすめです。

エスニック料理

アメリカの白ワインは生春巻きやラクサなどのエスニック料理とも合わせていただきたいところ。

特におすすめなのがやや甘口のリースリング。

豊かな酸味とやわらかな甘味のリースリングは、エスニック料理の甘酸っぱくピリ辛な味付けとよく合います。

また、ライチや白桃を思わせる香りは、東南アジアのエキゾチックな風味とも相性バッチリです。

アメリカの白ワインは華やかでリッチな味わい!

広い国土に様々な気候や地形を有するアメリカは、ワインの生産地としても多様な表情を持っています

リーズナブルなものから、高額なものまで価格帯も幅広く、選択枝は多様。価格に見合った、もしくは価格以上に満足感が高いワインが数多くあります。

今後もアメリカのワインから目が離せません!

またアメリカのワインについて詳しく知りたい方は、こちらもご覧ください。

>>【ソムリエ解説】アメリカワインのおすすめ15選!特徴や産地の解説も

>>【ソムリエ監修】アメリカの赤ワインおすすめ20選!選び方のコツも解説

この記事をシェアしよう!
この記事のURLとタイトルをコピーする
   

関連記事

ハーランステートはどんなワイン?特徴や歴史・値段相場について徹底解説

ワイン愛好家やコレクターの間で絶大な評価を受け、世界のトップワインの一つとして称えられるハーランエステート。

【ソムリエ監修】米・ワシントン州のおすすめ白ワイン20選!産地の特徴や選び方のコツも解説!

シアトル・マリナーズの本拠地があるワシントン州は、ワイン生産地としても有名で、カリフォルニア州に次いで全米2位の

【ソムリエ監修】アメリカワインを徹底解説!各産地の特徴や味わい、人気15銘柄をご紹介!

アメリカのワインというと真っ先に思い浮かべるのは「カリフォルニアワイン」ですよね。ワインショップでもたくさん見か

【ワイン教養】ナパワインとは?産地の特徴や価格別おすすめ20銘柄をご紹介!

ナパワインと聞いて皆さんはまず、どのようなイメージを思い浮かべますでしょうか? 「カリ

カレラ(Calera)のワインを解説!人気の理由やラインナップごとの味わい・値段をご紹介

"カリフォルニアのロマネ・コンティ" "ピノ・ノワールのスペシャリスト" この言葉を耳にして世界中の

【ソムリエ監修】カリフォルニアのおすすめ白ワイン15選!特徴や選び方を解説

アメリカの中でも圧倒的なワイン生産量を誇るカリフォルニア。 ただ、カベルネ・ソーヴィニョンなど赤ワインは有名で

【ソムリエ監修】アメリカの赤ワインおすすめ20選!選び方のコツも解説

ニューワールドの国の中でも圧倒的な存在感を示すアメリカワイン。 アメリカの赤ワインは果実味あふれるはっきり

【ソムリエ監修】アメリカのおすすめ人気スパークリングワイン10選

アメリカでは、厳しい規定に捉われることなく比較的自由に、様々なワインが造られており、世界第4位のワイン生産国です

【ソムリエ厳選】オレゴンのおすすめ白ワイン10選!産地の特徴や選び方のポイントも解説

オレゴン州のワインと言うと、=ピノノワールとなる位赤ワインの銘醸地として有名ですが、白ワインも負けてはいません。

ロバート・モンダヴィのワインを解説!人気の理由や各シリーズのおすすめ銘柄もご紹介!

ワイン業界における革新者、ロバート・モンダヴィ。 彼の名前は、カリフォルニアワ

白ワインの選び方

特集記事

日本酒スキンケア用品ランキング6選!併せて楽しめる日本酒もご紹介!

人気おすすめの純米酒ランキング31選!選び方や美味しい飲み方も紹介

【ソムリエ厳選】おすすめの赤ワイン16選!選び方・飲み方も解説!

リキュールとは?種類から、おすすめのリキュール一覧、飲み方まで徹底解説!

【編集部厳選】おすすめの高級焼酎25選!人気のプレミアム焼酎を厳選!

TOP